高く売れる切手はどれ?相場を調べるには

以前コレクションしていた切手や家族から譲り受けた切手など、ずっとしまいっぱなしになっていませんか。
切手の中には高値のつくプレミア切手もあります。

ひょっとすると手持ちの切手の中にお宝が混じっているかもしれません。

プレミア切手などを高額に切手を買取してもらうには専門の買取業者を利用した方が良いです。

おすすめ高額切手買取業者はこちら

切手の種類 普通切手・記念切手・特殊切手

切手には普通切手、記念切手、特殊切手など様々な種類があります。

普通切手は、郵便料金の納付のために作られた切手です。

普通郵便で最も利用されているため、見たことがない方はいないでしょう。

郵便局では、このような普通切手以外にも年間通して色々な切手を発行しています。

記念切手は、国の行事を記念して発行されるものです。

スポーツ大会の開催記念や国に関わる事業の節目の年などに発行されます。

特殊切手は、決められたテーマに沿ってシリーズ化されているものが多いです。

動物、花、風景などのテーマで、1種類ずつ順番に発行されていきます。

高価プレミアがつく切手の種類

では、多くの種類がある切手の中で高値のつきやすい切手はどれでしょうか。

まず、普通切手は流通枚数が圧倒的に多いため、除外されます。

それ以外の記念切手、特殊切手は種類ごとに価値が違います。

発行枚数が少なく、古いものは相場が高い傾向があります。

昭和30年以降は切手収集がブームとなりましたので、その頃に収集した切手が手元にある方も多いかもしれません。

ブームに乗って流通量が増えたため、それ以前の切手の方が希少価値は高くなっています。

また、1枚ずつのバラの状態よりは切手シートの方が買取額は高くなります。

切手高価買取のポイントについて

そして何より大事なポイントは、保存状態が良いことです。

美品であればより価値が上がります。

多少の汚れは価値が下がるだけで買い取ってもらえることが多いです。

しかし、破れていたり、折れ曲がって線がついていたり、裏面の糊が落ちていたりすると買取拒否されることもあるので注意しましょう。

そういったものは、あらかじめ除けておいたほうが買取業者の手間が省けます。

プレミア切手以外で高価買取が可能な切手

プレミア切手以外で高値がつくものにエラー切手があります。

切手の色が抜けている、紙が裏表逆になっている、目打ち(切手の切り取り線)がずれているなど、印刷時にエラーが起こった切手です。

出荷前に取り除かれることが多いので市場に出回ることが少なく、希少性が高くなっています。

切手買取相場の調べ方

切手買取相場を自分で調べるには、2つの方法があります。

1つ目は、書店で販売されている切手カタログで調べる方法です。_

カタログには相場が記載されているので、写真と見比べて調べていきます。

2つ目は、インターネット検索による情報収集です。

切手名+相場といったキーワードで調べると、価格を載せているサイトがヒットするので参考にしましょう。

ただし、同じような切手でも発行年が違っているだけで価値が違ったり、探しても見つからなかったりする場合もあります。

切手の査定方法について

素人が見てもわかりにくい部分もあるので、業者に査定してもらうのが最も確実です。

その際は、切手の額面をあらかじめ調べておくと査定額との差がわかりやすくなります。

額面を調べるときは、ついでにバラバラの状態からきちんと仕分けしておいた方がいいでしょう。

業者によっては、仕分けに手数料を請求してくるところもありますので注意が必要です。

持ち込む先は、金券ショップや切手買取専門店です。

店が遠方にしかない場合や大量にあって持ち運びが面倒なら、主張買取をしている業者を利用しましょう。

基本的に使用済み切手は買取していないことが多いですが、希少な切手や消印に価値がある場合は買い取ってくれるケースがあります。

その切手の発売日と同じ消印や国家の記念行事などで大型の消印がきれいに押されているものといった、消印を集めているコレクターもいるためです。

ただし、金券ショップでは使用済み切手はどんなものでも買い取ってもらえません。

使用済み切手の査定は専門店にお願いする方が良いでしょう。

自分で相場を調べるにしても、切手がたくさんあると膨大な時間がかかります。

査定を頼んでも、結果に納得がいかなければ買取を断ることもできます。

価値の出そうなものだけピックアップして、最初から買取業者に任せてもよいでしょう。

切手高額買取の買取業者

切手買取をおこなってもらう際には専門のプロの査定員が在籍している切手買取業者を選ぶことをおすすめします。

信頼と実績抜群の切手買取業者となります。

高額切手買取業者はこちら

電話・メールのみでも対応は可能となります。

是非ご利用してみてください。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1