切手の交換はどの様なものと交換になるのか?

切手は現金に換金する以外にも、郵便局に持っていくと、様々なものに交換することができます。

一体どの様なものに交換することができるのか?具体的に解説していきます。

切手や書き損じはがきで交換できるもの?

切手は切手買取業者に現金への買取以外にも、郵便局に持っていくと交換できるものもあります。

主にどの様なものと交換が可能なのか?

以下にまとめてみました。

切手・はがき交換ができるもの一覧

お渡しするもの
通常切手 特殊切手 くじ引番号付き郵便はがき その他の郵便はがき 郵便書簡 特定封筒
(レターパック封筒およびスマートレター封筒)
受け入れるもの
通常切手
× ×
特殊切手
× ×
くじ引番号付き郵便はがき
販売期間内
×
販売期間後
× ×
その他の郵便はがき
× ×
郵便書簡
× ×
特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)
× ×
エクスパック封筒
× × × ×
旧エクスパック封筒(公社発行のもの)
× × × ×

上記の様な形となります。

1つずつ順を追って解説していきます。

通常切手の場合

通常切手の場合は、主には現行の通常切手・郵便はがき・郵便書簡特定封筒への交換が可能となります。

上記の様な郵便と交換することが可能となります。

しかし、交換の際には所定の手数料が必要となってくることをお忘れなく。

特殊切手の場合

特殊切手の場合は、通常切手と同じで、通常切手・郵便はがき・郵便書簡特定封筒への交換が可能となります。

こちらも通常切手と同じく、手数料が必要になってきますので、注意が必要となります。

くじ引番号付き郵便はがきの場合

こちらは主に年賀状などを利用した場合になります。

販売期間内・販売期間後で交換する切手の種類が変わるので、注意が必要です。

・販売期間内

販売期間内では、通常切手・くじ引番号付き郵便はがき・その他の郵便はがき・郵便書簡・特定封筒に交換が可能となります。

・販売期間後

販売期間後は、通常切手・その他の郵便はがき・郵便書簡・特定封筒に交換が可能となります。

期間後となっているので、くじ引番号付き郵便はがきについては交換不可となります。

その他の郵便はがきの場合

上記以外の郵便はがきの場合になります。

この様な場合は、通常切手・その他の郵便はがき・郵便書簡・特定封筒に交換が可能となります。

郵便書簡の場合

郵便書簡はミニレターとも呼ばれている郵便物になります。

通常切手・その他の郵便はがき・郵便書簡・特定封筒に交換が可能となります。

特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)の場合

いわゆる、会社などでよく利用しているレターパックですね。

これも1枚で販売されているので、交換対象となります。

通常切手・その他の郵便はがき・郵便書簡・特定封筒に交換が可能となります。

エクスパック封筒の場合

エクスパック封筒はレターパックの様な形で中の容量が多くなっているものを指します。

通常切手・その他の郵便はがきのみの交換が可能となります。

旧エクスパック封筒(公社発行のもの)の場合

旧エクスパック封筒、エクスパックの旧バージョンです。

通常切手・その他の郵便はがきのみの交換が可能となります。

上記の様な形で郵便局内のものと交換が可能となるので、覚えておきましょう。

但し、ここで問題があるのが、交換の際は所定の手数料が必要になるケースが多いです。

一体いくらの手数料が必要になるのか?確認しておきましょう。

切手・はがき交換の手数料について

上記に記載した様に、切手・はがきのの交換には手数料が必要になります。

一体いくらの手数料が必要になるのか?確認をしておきましょう。

切手・はがき交換手数料

郵便切手・通常はがき

1枚につき 5円

往復はがき・郵便書簡

1枚につき 10円

特定封筒(レターパック)

1枚につき 41円

10円未満の郵便切手や郵便はがき

合計額の半額

上記の様な手数料が必要となります。

この様に切手・はがきの交換には郵便局で手数料を支払い、指定の物への交換となります。

切手・はがきの交換のおすすめ利用

現金化以外にどの様な時に古い切手やはがきなどを交換することが良いのか?

それは、切手やはがきを現在でも利用する方が、交換などをおこなうことが良いのではないでしょうか?

メールなどが普及している時代になりますが、今でも会社によっては郵送や郵便を利用している所も少なくありません。

その様な際は切手やはがきを現金にしてしまうよりも、郵便局に持ち込み、交換をおこなった方が良いでしょう。

郵送代が浮くという考え方になります。

切手やはがきの交換は即日でおこなう可能ですので、最寄りの郵便局にお持ち込みいただければ、すぐに交換をしてもらえます。

切手・はがきの現金化 ご希望の方

そうはいっても、切手やはがきを現金化したい方はやはり、切手買取業者を利用した方が良いでしょう。

切手買取業者によっては即日で査定・鑑定をおこない、その場で現金買取してくれる業者も存在します。

当サイトでおすすめの切手・はがき買取業者をご紹介いたします。

おすすめ切手・はがき買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1