切手買取値段の考え方

切手買取で値段をつける際には様々な考え方が存在しています。

今回はどの様な考え方があるのか?を考察していきます。

切手買取の値段には相場が存在するのか?

切手を買取してもらったり、売却する際に、切手買取業者を利用する方がほとんどではありますが、査定・鑑定をしている最中に、「相場が~」などと言われることもあると思います。

果たして切手買取をおこなう際に値段の相場は本当に存在するのか?

答えとしては「多少はある」ということは言えます。

世にあるほとんどの切手は、一部のプレミア切手と言われる代物以外はほぼ、額面の80%~95%ほどで売却することが可能となります。

それよりも下回る様なことはほとんどありません。

現行で販売されている切手も一度購入すると、それを売却することは可能となります。

そして、翌日は売却をおこなうことも可能です。

その際に切手買取業者を利用すると上記の様に額面の80%~95%の値段帯で買取おこなってもらうことが可能となります。

これがほとんどの切手が対象となります。

しかし、俗にいうプレミア切手と呼ばれるものは価値観がまったく変わってきて、切手値段もおおいに変わってきます。

プレミア切手の値段相場は存在する

プレミア切手は値段相場が存在します。

その相場は金融の様にチャートで表示したりできる様なものではありませんが、大方、需要と供給のバランスで相場感が変わってきます。

例えば、日本国内のプレミア切手などは、その枚数が少ないことで値段の上下が変わってきたりします。

しかし、外国切手や中国切手は少し違うところもあります。

大部分は上記の様に需要が少ないから価値が上がる様なプレミア切手もあるのですが、その国によって文化の違いなどもあり、切手値段が変わることも起こります。

特に中国プレミア切手に代表される様に、中国という国は一時期、国内で切手収集おこなうことが禁止されていた時代もあり、その時代の中国切手は観光客が購入し、海外へ出て行ってるケースがほとんどになります。

現在の中国は海外へ出た、中国の切手などを買い戻す動きが非常に活発になり、どんな金額になっても買い戻す様なコレクターも存在している様です。

この様に中国切手などはその国が生んだ文化の違いもあり、現在では高い値段で取引がおこなわれています。(一部の中国切手のみ)

また同じ様なことが他の国でも言える事例は多数あります。

通常の切手とは違い、プレミア切手と呼ばれるものについては、切手の値段の相場があると言えるのではないでしょうか?

切手値段を調べる方法

その様な中で切手の値段を調べる方法を考えていきましょう。

「切手買取」で検索をおこなうことによって、各社切手買取業者が色んな値段で掲載をおこなっている切手買取業者も多数あります。

きっちりとこの価格でと表示している場合もあったり、額面のパーセンテージを表記している所がほとんどだと思います。

大体はこの表記に差異はありませんが、注意が必要となります。

先で記載したプレミア切手については、切手買取業者によってはプレミアの値段で買取をおこなわない切手買取業者も存在します。

各サイトにはキチンと記載されていますので、あらかじめチェックをしておいた方が良いでしょう。

>>各切手買取業者の買取方法についてはこちら

仮にこの様なことがわからないまま売却をおこない、提示された切手買取の値段を見て、売却をおこなう方も少なくありません。

ですので、切手買取業者の選定も非常に重要になってきます。

では、プレミア切手の値段相場はどこで確認するのが良いのか?

これはシンプルにヤフオクを利用することが一番わかりやすいと考えています。

ヤフオクは昔から切手をオークションで掲載し続けています。

ヤフオクで落札されているプレミア切手の値段がほとんど寸分違わぬ形で、相場として見れます。

またもう一つはオークファンというサイト。

こちらは国内・海外のオークション情報をまとめたサイトとなり、切手買取業者も多く利用していたり、確認したりしているサイトになります。

オークファンでは海外のebayなどの情報もまとめていたりするので、海外でプレミア切手がどの様な値段帯で取引しているのかが、一目瞭然で確認することができます。

是非覚えておきましょう。

切手買取値段相場のまとめ

ものを売買する際には多かれ少なかれ、相場感というのが存在します。

また現在では切手は売却をおこなうことが非常に多いのが現状です。

より良い値段で切手を売ることが一番良いとも考えています。

上記の様な参考になるサイトが他にもありますが、国内でシェアが多いものがやはり、データ上信頼できることも多々あります。

売ってしまった後に後悔をしない様に情報をしっかりとつかみ、切手買取業者も良い業者を選定することを強くおすすめします。

最後に当サイトでおすすめの切手買取業者をご紹介します。

>>おすすめ切手買取業者

>>悪徳切手買取業者の見分け方

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1