はがきと切手の抱き合わせで高額買取が実現!はがきと切手の買取を解説

切手とはがきのペアで高価買取は可能なのか?否なのか?

通常切手を利用するシーンとしては、はがきや封筒を利用することがあることから、そのペアで売却をおこなおうとすると、切手買取業者などに高価買取の対象になるのか!?

>>おすすめ切手・はがき買取業者はこちら

はがきと切手はペアにすると高く買取が可能か!?

果たしてはがきと切手はペアで買取を依頼した方が高く売ることが可能なのか?という点について、答えから言うと、NOです。

ペアになっているからと言って、相乗効果がある訳でもなく、はがきははがき、切手は切手で買取がおこなわれることが、ほとんどになります。

はがき自体にも価値の高いはがきもあり、その様な場合は高値で売却することが可能となるでしょう。

しかし切手も同じことが言えて、切手自体の価値によるものがほとんどになるので、プレミア切手がはがきと同じになっていて、高値で売れる様なことが少ないと考えられます。

ただ稀に、はがきの中でも初日カバーと言われるものがあり、切手・はがきが発行されたその日に消印がついているものがあります。

この様なはがき・切手に関しては、種類によって、とんでもない金額がつく様なことも稀に存在します。

しかし初日カバーで高価買取ができる種類は非常に数も少なく、そもそものはがきと切手に価値が高いことが多いと考えられます。

要は、プレミア切手の発行日のその日のうちに消印がついているはがき・切手になるとこう買取の対象となり、切手コレクターからも希少性が高いという点でオークションなどで高値で取引が可能となります。

その様なはがき・切手に出会うこと自体が稀で珍しいケースになるので、期待薄だと考えてよいでしょう。

はがき・切手を高価買取すること自体は可能なのか?

では、はがき・切手と別々で売却する様な形をとったとして、果たして高価買取をすることが可能などうかという点については、様々な憶測があります。

はがきは基本的に1枚いくらで買取をおこなう形となります。

これがもし郵便局などに持っていったとしても現金に換金されることはなく、交換可能な対象商品に代わってしまうだけとなります。

切手も同じく、郵便局に持って行ったとして、はがき同様に交換対象な郵便商材に代わるだけです。

ここでポイントなのが、切手買取業者を利用する点です。

切手買取業者では、はがきも買取してくれる業者も多数存在し、きっちりと現金に換金してくれます。

郵便局で交換することを考えると切手買取業者を利用することの方が、非常に良いですね。

もし仮にプレミア切手がある場合などは、切手買取業者を利用することを、より強くおすすめします。

切手買取業者の中には、プレミア切手すら額面通りに買取する業者も存在するので、厳正に業者を選定することをおすすめします。

はがきも同じで基本的にはプレミアはがきというのは存在が少ないので、1枚○○円といった形で買取をおこなってもらえます。

はがきの場合は買取相場レートが存在するので、1枚で高価買取が可能な買取業者を選ぶことをおすすめします。

この様にはがきや切手を高価買取する様にする為には、査定・鑑定する買取業者の選定が非常に重要になってきます。

売却をした後に、他所の切手買取業者の方が高価買取ができたと言ったケースは少なくありません。

ネットの口コミにも多数その様な書き込みが多いのも事実です。

この様なことが起こらない様に、おすすめの切手買取業者をご紹介いたします。

業界内でトップシェアを誇り、顧客満足度も非常に高い切手買取業者となるので、是非一度、利用してみてください。

>>おすすめ切手買取業者

はがきと切手の高価買取について まとめ

上記の通り、はがきと切手は場合によっては高価買取が可能となります。

但し条件が非常に難しいので、はがきははがきで高く買取を行ってもらえる業者に。

切手は切手で高価買取が可能な業者に売却することを考えて、依頼することが良いでしょう。

はがきははがきでそれ専門に買取をおこなっている業者もいて、比較的切手を中心に買取をおこなっている買取業者に比べると高く買取をおこなってもらえる様に感じます。

切手も同様でプレミア切手などをキチンと相場通りに買取をおこなってもらえる様な目利きのしっかりとした切手買取業者を選定することをおすすめします。

額面のパーセンテージで買取をおこなう業者もいますが、その様な切手買取業者はプレミア切手をプレミア価格で買取をおこなう様なことは少ないです。

間違えて依頼をおこなって、後で後悔をしない様にサイト内などをくまなく調べることを忘れない様にしましょう。

売却した後の切手はクーリングオフ制度を利用して返金後、品物が返ってくることもありますが、1週間と短く、クーリングをおこないたいが後の祭りになるケースも少なくありません。

その様な場合はどんな手を使っても商品が既に流れていることも多いので、用心深く注意することが大事です。

上記にもおすすめした通り、はがき・切手と両方で高価買取が可能な買取業者をご紹介します。

>>おすすめ はがき・切手買取業者はこちら

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1