余った切手の処分は切手買取にお任せ!手軽で効率的な切手処分方法

はがきや封筒などの郵便物を出すときに必要となる切手ですが、必要以上に購入してしまったり額面を間違えて購入してしまった際には切手払い戻しが出来るのでしょうか。

まず結論から言うと切手の払い戻しは可能です。

ただし、払い戻しには様々な方法があるため、どれがお得なのかを考えてみましょう。

切手買取では専門の業者で高額買取が可能です。

高額切手買取業者はこちら

切手払い戻し方法 郵便局

初めに郵便局へ持ち込む方法です。

簡易郵便局であろうと関係なく対応してくれますが、残念ながら現金での払い戻しはしておらず、他の券種へ交換という対応になります。

例えば、切手をはがきに交換することは可能です。

遺品整理をしていたら大量の切手のコレクションが出てきたけれど、遺族にはコレクターがおらず切手だけ持っていても仕方がないという方にはオススメの切手払い戻し方法です。

なお、はがきだけでなくレターパックといった特定封筒にも交換できるため、ちょっとした小物や雑誌などを贈りたい時に重宝します。

このように通常のはがきや特定封筒への交換が可能ですが、所定の手数料が発生することと特殊切手同士での交換は出来ない点に注意が必要です。

切手払い戻し方法 現金に変更

金券ショップへの持ち込み

どうしても現金にしたいと言うのであれば、切手買取をしてもらうという方法があります。
一つ目は金券ショップへ持ち込む方法です。

査定して直ぐに買い取ってもらえるので早く現金に換えたい時には便利ですが、額面の金額よりも低く買い取られるケースが殆どのため過度な期待は禁物です。

また、金券ショップの店頭には額面の何パーセントで買い取りといった形で大まかな買取額を表記しているところが多いので、あくまでも参考程度に把握しておくと良いでしょう。

オークションへの出品

二つ目はオークションへ出品するという方法です。

近頃はネットオークションも盛んに行われているので全国からのアクセスが期待できますし、規模が大きければ海外からも閲覧されます。

こうしたオークションサイトでは独自のポイント制度を導入している場合があり、そのポイント消費を目的に買う人が現れるケースもあります。

オークションなので競り合いが発生し、特に記念切手や珍しい切手の場合は注目を集める可能性が大いにありますが、必ずしも買い手がつくとは限らないことと、落札された際にオークション運営側へ手数料を徴収されるので額面の金額よりも手取り分は安くなるケースが多いことは理解しておく必要があるでしょう。

切手買取業者への査定

三つ目は専門の業者へ任せる方法です。

実は切手を専門に扱う業者があり、査定から買い取りまでを一括して行ってくれます。

出張買取も行っているところが多いので、事前にメールや電話で査定依頼の連絡をしたらあとは来てくれるのを待つだけという手軽さで便利です。

珍しい切手の場合は額面以上の高値を付ける可能性があるため、利益を生む可能性もあります。

ただ専門業者なので、切手の状態はしっかりと見られます。

表面の印刷が禿げていないか、目打ちが破れていないか、耳紙に汚れや破損が無いかなど通常の使用ではさほど気にすることのない部分まで見られ、最終的な査定額にも影響します。

それでも切手に関してはプロですからしっかりとした査定が期待できますし、出張買取や査定は無料で行ってくれる場合が多いので安心して依頼できます。

ただし、業者によって対応はまちまちなのでサイトだけでなく、口コミや評判なども参考にしましょう。

切手払い戻しまとめ

このように、郵便局以外の方法は切手の払い戻しを現金で受け取れるのがメリットになり、日本国外の切手であっても問題なく取り扱ってもらえるので切手払い戻しとして有効な手段と言えるでしょう。

ただ、いずれの場合も切手の状態により更に安くなってしまう可能性もあるため、払い戻しを考えているのなら取り扱いには気を付ける必要があります。

郵便局で交換する場合は、はがきや特定封筒が欲しい場合には大きいメリットとなり、また切手の状態に左右されることはありません。

しかし、現金化が出来ない点は気をつけたいところです。

おすすめ切手買取業者

切手買取業者へ依頼する際には、実績豊富な買取業者へ依頼することをおすすめします。

また、プロの切手鑑定士が在籍している切手買取業者へ依頼することを強くおすすめします。

高額切手買取業者はこちら

電話やメールでの受付対応も可能となっておりますので、是非ご利用してみてください。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1