「 プレミア切手 」一覧

第一回国勢調査記念切手の切手査定・買取額と切手の価値について解説

記念切手、第一回国勢調査記念切手は、日本国内で初めての国勢調査をおこなった際に発行された記念切手です。当時は戦時中ですので、国勢調査自体が非常に後回しになり、その期間は約10年にも上るものでした。10年後に開始された国勢調査を国民に告知するためにも記念切手の発行がおこなわれたと言われています。

郵便創始50年記念切手の切手査定・買取額と切手の価値について解説

日本の郵便制度が50周年を迎えたことを記念して発行された切手。郵便創始50年記念切手。非常に高価買取が期待できる記念切手の1種となります。当時の逓信省が関東大震災で焼失したことをきっかけに希少価値が非常に高く、現在でもその価格はうなぎ登りで上がっている記念切手となります。

世界平和記念切手の切手査定・買取額と切手の価値について徹底解説

記念切手 世界平和記念切手について解説していきます。残存数が少なく、現在は貴重なプレミア切手世界平和記念切手。国内で初めての世界平和をテーマにした記念切手の一つになります。当時の第一次世界大戦後に締結されたヴェルサイユ条約を締結した記念に発行された記念切手となります。

裕仁立太子記念切手の切手査定・買取額と切手の価値について解説

記念切手 裕仁立太子記念切手は切手コレクターも涎物の貴重な記念切手となります。こちらの記念切手は、プレミア切手としても名高い切手の一つで、買取・取引額も非常に高く、切手買取業者にお願いしても高く買い取ってもらえることは間違いありません。ですので、逆にキチンとした切手買取業者の選定をおこないましょう。

大正大礼記念切手の切手査定・買取額と切手の価値について徹底解説

記念切手 大正大礼記念切手は明治から大正に移る際に大正天皇が即位した時に記念として発行された記念切手です。記念切手以外にも記念はがきなども同時に発行されました。当時は天皇即位の際が大きな行事だということがわかる模様。大正大礼記念切手の取引金額なんかも一挙に大公開。

日露戦争凱旋観兵式記念切手の切手査定・買取額と切手の価値について解説

記念切手 日露戦争凱旋観兵式記念切手は今から約100年前ほどに発行がおこなわれた切手の1種となります。現在では価値が高騰し、プレミア切手の仲間入りをしています。また古いから高いというだけの切手ではなく、当時としては珍しい内容の記念切手ともなっています。

日韓通信業務合同記念切手の査定・買取額と切手の価値について解説

記念切手 日韓通信業務合同記念切手について解説していきます。こちらの切手は記念切手としては珍しく、国内と海外で販売がおこなわれた記念切手となります。また販売数に関しても、海外での販売数の方が伸びていた記念切手となります。また希少性が非常に高い記念切手となりますので、その買取額も非常に高価となります。

大正婚儀記念切手の査定・買取額と切手の価値について徹底解説

大正婚儀記念切手の買取や価値について解説していきます。戦時中に発行がおこなわれた記念切手として占領領土でも発行がおこなわれた珍しい切手となります。デザインには、大正天皇の婚儀の際に利用された引き出物が利用されています。種類としては1種のみの発行となります。

日清戦争勝利記念切手の査定・買取額と切手の価値について解説

記念切手 日清戦争勝利記念切手について解説していきます。日本国内で2番目に発行がおこなわれた非常に希少性の高い切手です。当時は戦時中ということもあり、日清戦争に勝利したことを記念して、発行された記念切手の1種となります。現在ではほとんどお目にかかることは少ないことからも高額なプレミア切手となっております。

切手趣味週間「法隆寺観音菩薩像」の査定・買取額と切手の価値について解説

切手趣味週間シリーズの第4回の発行の法隆寺観音菩薩像について説明しています。発行枚数が少ないことからもわかる通り、非常に希少価値の高い切手として買取・取引額も高い、プレミア切手の一つとして数えられています。なぜその様に価値が上がったのか?価値が高くなった背景も一緒にご説明します。

スポンサーリンク
広告1
広告1