逓信記念日制定記念切手の価値と買取

逓信記念日制定記念切手の価値と買取

逓信記念日制定記念切手

逓信記念日制定記念切手

逓信記念日制定記念切手とは、日本国内で初のシート切手として発行されました。

ちなみに読み方は「ていしんきねんびせいていきねんきって」と呼びます。

1934年に発行された切手シートとなります。

非常に貴重な切手シートとなり、国内初ということもあり、プレミア切手シートとして、価値の高い切手シートとなっています。

逓信記念日制定記念切手の価値は?

のちの「郵政記念日」にもなる年月日に発行されたこの切手は、飛脚制度から、郵便制度に移行した際の記念として発行された切手になります。

切手趣味週間のシリーズとして発行されています。

切手趣味週間シリーズといえば、他にも「月に雁」「見返り美人」などの現在でもプレミア扱いとなっている切手のシリーズですね。

この切手は印刷方法が非常に特殊で、当時としては贅沢な印刷方法を利用したことより、コレクターにも人気の高い切手となっています。

また切手のデザインとしても特徴的で、当時の航空切手を4枚ついている仕様となっております。

コレクター・一般の方も購入をしていたのですが、口コミで広がった人気で、切手商まで購入をおこない、海外に広く出回っていることでも有名なシート切手となります。

逓信記念日制定記念切手の買取価格は?

非常にプレミア価値の高いシート切手「逓信記念日制定記念切手」ですが、美品のもので、30万円以上の金額がつきます。

ほぼ現在の市場では見ることも少ない切手ですので、その希少性は抜群と言えるでしょう。

非常にレプリカの出回りが多いのも特徴の一つです。

ご自宅に眠っている「逓信記念日制定記念切手」がある場合は是非、査定に出してみることをお勧めします。

その切手がレプリカであるかどうか?ということも判断してくれますので、一度と確認を。

>>おすすめ切手買取業者はこちら

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1