「 記念切手 」一覧

記念切手 司法保護記念日記念切手の買取と価値について

司法保護運動を開催したことを記念して発行がおこなわれた記念切手となります。司法保護とは元受刑者の社会復帰などに援助をおこなうことを目的とした社会運動のことを指します。別名は「お化け小指」と言われ、切手のデザインに採用されているスズランと手の小指部分が非常に長いことでこの様な名称で呼ばれています。

記念切手 京都切手展記念切手の買取と価値について

記念切手 京都切手展記念切手の買取と価値についてまとめていきます。東京切手展の反響を受けて、京都でも切手展の開催がおこなわれました。その時を記念して発行された記念切手となります。切手展自体は大盛況で幕を閉じました。デザイン・図柄には京都を代表する建造物として清水寺のデザインが描かれています。

記念切手 日本国憲法施行記念切手の買取と価値について

日本国憲法施行記念切手についてまとめていきます。終戦後、日本国憲法の公布がおこなわれた年に発行がおこなわれました。記念切手のデザインには深い意味が込められており、母子と国会議事堂が描かれていますが、これは今後の女性が社会進出をおこなうことを象徴するという意味で、デザインが採用される形となりました。

記念切手 郵便創始75年記念切手の買取と価値について

郵便制度が始まって、75周年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。全4種の発行となりますが、価値がバラバラであるという点で非常に稀な記念切手となります。小型シートは初版と2版ということで発行がおこなわれており、特に初版はプレミア切手としての価値が非常に高い記念切手になります。

記念切手 関東神宮鎮座記念切手の買取と価値について

関東神宮鎮座記念切手についてまとめていきます。当時は戦時中の真っただ中ということもあり、切手の品質も著しく落ちました。また発行枚数が多く発行されるのですが、国民も切手を買う余裕はなく、販売数自体も少ない記念切手となります。関東神宮鎮座記念切手は特殊なケースで消印付きの使用済みの場合の方が高価買取・取引が可能な記念切手の1つとなります。

記念切手 靖国神社75年記念切手の買取と価値について

靖国神社が描かれた記念切手、靖国神社75年記念切手の買取・取引についてまとめていきます。プレミア切手の一種ではありませんが、当時の記念切手としては珍しいグラビア印刷が採用された記念切手となります。太平洋戦争真っただ中に発行がおこなわれた記念切手となるので、サイズも普通切手と同じサイズが特徴的な記念切手です。

記念切手 鉄道70年記念切手の買取と価値について

日本国内発の鉄道切手、鉄道70年記念切手についてまとめていきます。当時の蒸気機関車が図柄・デザインに採用がおこなわれており、鉄道開通から70年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。国内での鉄道の利用は現在の様に移動手段としての利用はなく、石炭などの物資の運搬をメインとして利用がおこなわれていました。

スポンサーリンク
広告1
広告1