切手趣味週間 雨中湯帰りの買取と価値

切手趣味週間 雨中湯帰りの買取と価値

切手趣味週間 雨中湯帰り

切手趣味週間 雨中湯帰り

切手趣味週間シリーズ 第8回目に発行された切手、「雨中湯帰り」

こちらも浮世絵をベースに浮世絵画家、鳥居清長が描いた浮世絵がモチーフとなっております。

「雨傘」切手の通称で有名で、非常に知名度が高い、切手趣味週間シリーズの1種です。

切手趣味週間 雨中湯帰りの概要について

切手趣味週間シリーズの「まりつき」の際にも書いた通りになりますが、この当時の日本は空前の切手収集ブームになっていました。

他の切手趣味週間シリーズの見返り美人や月に雁もそうですが、この切手趣味週間シリーズは、大変売れていて、当初の発行枚数予定を大きく上回る形で発行がおこなわれました。

2000万枚ほどの増刷をおこない(最初は1000万枚予定)また、それが売れ行き好調なため、完売するという結果になりました。

しかし切手収集ブームはすさまじいものがあり、その完売した後でもどんどん、切手を購入するコレクターが増え続けました。

時には大行列ができて、ケガ人まででる始末になり、郵政省は発行部数をより上げて、購入希望の方には制限を解除して販売をしていく様な形となりました。

切手趣味週間 雨中湯帰りの買取・取引金額は?

では、切手趣味週間 雨中湯帰りの買取価格や、取引の金額はどの様になるのか?

雨中湯帰りは上述した様に発行部数が無制限となり、ほぼ購入が可能となった切手になります。

希少性といった点では非常に難しい所が、現在の買取・取引相場になっても、1枚バラ切手で10円~20円前後の買取価格で取引がおこなわれています。

切手収集ブームは切手を購入すれば将来的に大きなプレミアがつくという面もあり、こそってみんなが切手収集をおこなったのですが、郵政省が無制限にて発行をおこなう様になったことにより、切手収取をおこなう価値自体も下がっていき、ブームの終わりを迎えることになりました。

この切手趣味週間シリーズ「雨中湯帰り」は別名「破れ傘」とも呼ばれ、切手収集ブームに終焉をもたらしたと言われる切手の一つに数えられています。

切手趣味週間 雨中湯帰りを高く買取してくれる業者

とは言っても、売却する時は少しでも高く買取をおこなってほしいのが本音の所ですね。

切手趣味週間「雨中湯帰り」をより高く買取をしてくれる切手買取業者をご紹介いたします。

>>切手趣味週間シリーズ 雨中湯帰りを高価買取してくれる切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1