切手趣味週間 まりつきの買取と価値

切手趣味週間 まりつきの買取と価値

切手趣味週間 まりつき

切手趣味週間 まりつき

切手趣味週間シリーズの第7回目に発行された切手、「まりつき」について説明していきます。

こちらのデザインは見ての通り、浮世絵を中心にデザインがおこなわれています。

発行年は、1957年の11月1日に発行がおこなわれています。

切手趣味週間 まりつきの概要について

切手趣味週間シリーズ、第7弾の「まりつき」は発行された年にちょうど、切手収集のブームが到来した時期と重ねっています。

切手収集家はこぞって様々な切手の収集をおこなっているのですが、その時に人気となったのが、やはり切手趣味週間シリーズの収集が人気を博しました。

今でも有名なプレミア切手、見返り美人や月に雁なんかも、この時期に切手収集家が集めたこともあり、プレミア価値として値段が高騰していったことがあります。

この「まりつき」もそういったブームに乗り、初回に800万枚ほど発行がおこなわれたのですが、すぐに売れてしまい、追加で発行がおこなわれる様な事態となりました。

まさに当時の切手収集ブームがわかる一幕です。

切手趣味週間 まりつきの買取・価値

では、切手趣味週間シリーズの「まりつき」はどのくらいの金額で買取・取引をおこなってもらえるのでしょう?

この「まりつき」は1枚あたり、約80円~100円ほどで買取が可能となります。

おそらく、想像以上に金額が上がっていないと感じるかもしれません。

これは当時の切手収集ブームが原因の一つだと言われています。

切手収集ブームが到来したと同時に何万枚発行をおこなっても、切手が売れるとなった為に、当時の郵政省は、どんどん切手を発行しました。

もちろんブームの真っただ中では売れていたのかもしれませんが、今日現在では、やはり切手は売却する方が多くなっている現状があります。

その中原因もあり、この「まりつき」も切手取集ブームの最中は非常に売れた切手ではありますが、現在で売却に出すとなると、買取金額は今一つ伸び悩んでいる原因と考えられます。

要は、購入した人が多く、現在の切手市場でも非常に出回っている様な状況と言えるでしょう。

切手はやはり希少性が高いものが買取や、売却をする際も高値で取引ができるものだと考えられます。

そして、値段上がり下がりはやはり、現在の切手市場で決まることもほとんどです。

切手趣味週間 まりつきを高く買取してくれる業者

さて、そうは言っても、1円も高くこの切手趣味週間シリーズの「まりつき」を購入してくれる切手買取業者を探したいものです。

数ある切手買取業者がある中で、より高く切手趣味週間シリーズの「まりつき」を買取してくれる業者をご紹介します。

>>切手趣味週間シリーズ まりつきを高価買取してくれる切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1