切手趣味週間 法隆寺観音菩薩像の買取と価値

切手趣味週間 法隆寺観音菩薩像の買取と価値

切手趣味週間 法隆寺観音菩薩像

切手趣味週間 法隆寺観音菩薩像

こちらの切手は第4回目の切手趣味週間で発行された切手「法隆寺観音菩薩像」です。

この切手趣味週間「法隆寺観音菩薩像」の切手は金額としては10円の額と切手を10枚綴りとなったシートとなっています。

デザインについては、法隆寺にある観音菩薩像をモチーフにして描かれたデザインとなります。

こちらもプレミア化が進んでいる切手趣味週間の一種となります。

切手趣味週間 法隆寺観音菩薩像の概要について

切手趣味週間 法隆寺観音菩薩像は、郵政省からの切手の発行はおこなわれずに別の組織によって、発行がおこなわました。(発行元は全日本郵趣連盟)

急遽変更がおこなわれた為に、切手の発行自体間に合わない様なことが起こりました。

ですので、法隆寺観音菩薩像の発行枚数は非常に少ない数に限定され、5万枚の発行がおこなわれました。

しかし、後に1万枚も発行され、合計で6万枚の発行がおこなわれました。

当時の切手コレクター達はこの発行枚数の少なさから、入手困難となり、制限を設けて、切手の販売がおこなわれた切手となります。

発行枚数が少ないことから、この切手は非常に希少価値の高い切手としてプレミア価値がついている切手趣味週間シリーズの一つになりました。

切手趣味週間 法隆寺観音菩薩像の買取・価値

発行枚数の少なさから、希少価値も非常に高いと言われている、切手趣味週間 法隆寺観音菩薩像は表紙付き且つ、美品の状態であれば、2万円も下らない価値のある切手となります。

切手趣味週間シリーズは他にもプレミア切手と呼ばれる切手が存在していますが、他に切手に比べても非常に高い価値で買取・取引が可能な切手の一つに数えられます。

コレクターの間でも所持している方が少ないのも価値が高くなった理由と言えます。

この様に切手には発行するまでの間に背景が色々とあることから、コレクターも必死で集める材料の一つになります。

希少性の高さはコレクターが決めているのではなく、当時の時代背景をメインに希少性が高くなっていることがわかりますね。

切手趣味週間 法隆寺観音菩薩像を高く買取してくれる業者

切手買取業者によって、それぞれバラバラな金額になるのが買取業界です。

しかし中にはより高く買取をしてくれる切手買取業者も存在します。

切手趣味週間シリーズ 法隆寺観音菩薩像を高価買取してくれる切手買取業者をご紹介します。

>>切手趣味週間シリーズ 法隆寺観音菩薩像を高価買取してくれる切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1