記念切手 郵便創業80年記念切手の買取と価値について

記念切手 郵便創業80年記念切手の買取と価値について

郵便創業80年記念切手

郵便創業80年記念切手

郵便制度が設立されて80年を迎えたことを記念して発行がおこなわれた記念切手、郵便創業80年記念切手。

種類としては1円切手を4枚綴りにしたシートとして発行がおこなわれています。

デザイン・図柄には近代郵便の父と言われている、前島密の肖像が描かれています。

記念切手 郵便創業80年記念切手の概要について

前島密が採用されている記念切手は種類が多く、郵便創始75年記念切手などにも、その肖像は採用されています。

近代郵便の父としての功績が非常に大きく、肖像に採用されるケースも多いことが伺えます。

また時代毎の1円切手でも前島密が採用されているケースが多いのも特徴です。

郵便創業80年記念切手は発行枚数としては100万枚ほどになります。

残念ながらプレミア切手としての価値は低く、状態やコンディションによって、買取・取引金額が若干上下するでしょう。

また初日カバーと言われる、発行日についた消印付になると、買取・取引額はグッと上がります。

この様な場合は消印付きの使用済み切手と言えど、買取が成立するケースが多いです。

記念切手 郵便創業80年記念切手の買取と取引金額について

記念切手 郵便創業80年記念切手の買取と取引金額についてまとめていきます。

上述した通り、プレミア切手ではないので、プレミア価値は低いです。

郵便創業80年記念切手のおおよその買取と取引金額は以下の通りです。

郵便創業80年記念切手…約500円

しかし新品・美品の状態の郵便創業80年記念切手となると、約3000円まで金額が上がります。

また初日カバーと言われる発行年・日の消印がついた状態になると、約5000円ほどで買取が可能となります。(発行年月日:1950年3月22日)

この様にこの時代の記念切手は切手自体のプレミア価値があまり高くなく、状態やコンディション、または初日カバーなどがあるかないか?で買取・取引価格に開きが出てきます。

もし郵便創業80年記念切手の高価買取をご希望の方は上記の様な点を含めて、確認してみてください。

またわからないことがあれば、切手買取業者に相談すれば、すぐに答えてくれます。

記念切手 郵便創業80年記念切手を高価買取が可能な切手買取業者

記念切手 郵便創業80年記念切手を高価買取できる切手買取業者をご紹介いたします。

切手は種類多数あり、プロの切手買取業者は非常に切手の種類や市場相場などに詳しいです。

この記念切手 郵便創業80年記念切手もキチンとした査定員に見積もり・買取をおこなってもらうことをおすすめします。

>>記念切手 郵便創業80年記念切手を高価買取が可能な切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1