記念切手 貿易再開記念切手の買取と価値について

記念切手 貿易再開記念切手の買取と価値について

貿易再開記念切手

貿易再開記念切手

1947年に民間貿易の再開を記念して発行がおこなわれた記念切手 貿易再開記念切手。

別名称で、民間貿易再開記念と呼ばれています。

全2種となり、1円20銭、4円の2種の発行となります。

デザイン・図柄には小さく、様々な輸出品の品が描かれています。

記念切手 貿易再開記念切手の概要について

戦後の記念切手には、民主化という意味でもこの様な政策に対する記念切手が数多く発行がおこなわれました。

貿易再開記念切手もその一つで、戦前の日本国・天皇などが主体の記念切手とは大きく違い、デザイン・図柄なども日本の象徴でもある菊の紋章の利用などがなくなっていきました。

第二次世界大戦終戦後、GHQにより、貿易も管理貿易がおこなわれていたが、経済が安定してくるに従い、日本の為替も設定され、自由な貿易をおこなえる様になりました。

朝鮮戦争が勃発し、一旦は貿易輸出が多くなったのですが、それでも貿易収支は赤字に転落。

後の高度経済成長期に突入した際に日本の貿易収支はグンと伸び、大きな黒字となりました。

記念切手 貿易再開記念切手の買取と取引金額について

記念切手 貿易再開記念切手の買取と取引金額についてまとめていきます。

現在でも残存数が多く、プレミア切手の価値は低いです。

1.2円切手…約200円

4円切手…約400円

上記の様に単体バラ切手になると価値はあまり高くありません。

しかしシートでもっており、また保管状態などが良い場合は上記の金額よりも買取・取引価格が伸びる可能性が非常に高いです。

状態やコンディションによって金額も変わりますので、キチンとした保管をおこない、売却することをおすすめします。

記念切手 貿易再開記念切手を高価買取が可能な切手買取業者

記念切手 貿易再開記念切手を高価買取できる切手買取業者をご紹介いたします。

切手は種類多数あり、プロの切手買取業者は非常に切手の種類や市場相場などに詳しいです。

この記念切手 貿易再開記念切手もキチンとした査定員に見積もり・買取をおこなってもらうことをおすすめします。

>>記念切手 貿易再開記念切手を高価買取が可能な切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1