記念切手 大東亜戦争1年記念切手の買取と価値について

記念切手 大東亜戦争1年記念切手の買取と価値について

大東亜戦争1年記念切手

大東亜戦争1年記念切手

太平洋戦争の開戦から1年を迎えた際に発行がおこなわれた記念切手 大東亜戦争1年記念切手。

戦時中のため、この切手は軍事費を調達するための寄付切手として発行がおこなわれました。

前回のシンガポール陥落記念切手も上記と同じ理由で軍事費調達を目的に販売がおこなわれた記念切手となります。

全2種の発行(2+1銭・5+2銭)となっております。

記念切手 大東亜戦争1年記念切手の概要について

大東亜戦争1年記念切手は、シンガポール陥落記念切手と同じ年に発行がおこなわれている記念切手です。

シンガポール陥落記念切手も寄付金切手となっているので、1年内に2回も発行がおこなわれている記念切手となります。

大東亜戦争1年記念切手の図柄・デザインについては、バターン半島の戦車、真珠湾攻撃の図柄が採用されています。

大東亜戦争1年記念では切手以外にもはがきや硬貨など他の記念品の販売もおこなわれていました。

また国内以外にも、海外にて日本の植民地となっていた国でも販売がおこなわれています。

大東亜戦争1年記念は切手以外にもはがきなども買取してくれる業者もいますので、是非お持ちの際はご一緒に査定をおこなうことをおすすめします。

記念切手 大東亜戦争1年記念切手の買取と取引金額について

大東亜戦争1年記念切手の買取・取引額についてまとめていきます。

発行枚数・流通数が非常に多いので、プレミア切手としての価値は低いです。

2+1銭…約200円

5+2銭…約300円

上記の様な買取・取引金額となります。

大東亜戦争1年記念切手は切手のみではなく、はがきなどの他の記念品も発行されているので、合わせて査定に出すとより高価買取をおこなってもらうことが可能となります。

記念切手 大東亜戦争1年記念切手を高価買取が可能な切手買取業者

記念切手 大東亜戦争1年記念切手を高価買取できる切手買取業者をご紹介いたします。

切手は種類多数あり、プロの切手買取業者は非常に切手の種類や市場相場などに詳しいです。

この記念切手 大東亜戦争1年記念切手もキチンとした査定員に見積もり・買取をおこなってもらうことをおすすめします。

>>記念切手 大東亜戦争1年記念切手を高価買取が可能な切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1