記念切手 教育勅語50年記念切手の買取と価値

記念切手 教育勅語50年記念切手の買取と価値

記念切手 教育勅語50年記念切手

記念切手 教育勅語50年記念切手

明治時代に発行された教育に関する制度「教育勅語」の50年を記念して発行された記念切手 教育勅語50年記念切手。

1940年発行の全2種発行で2銭・4銭の発行となります。

デザイン・図柄に関しては、勅語下賜の図や、忠孝の文字のデザインが採用されています。

記念切手 教育勅語50年記念切手の概要について

教育勅語は正式名称、教育ニ関スル勅語が正式名称となります。

「勅語」という言葉自体は天皇から国民への意思表示を表す言葉となります。

第二次世界大戦の日本の教育の根幹ともなっています。

発行枚数が非常に多く、プレミア切手という価値はありません。

しかし、シートで持っていると高価買取に繋がる可能性は非常に大きいです。

記念切手 教育勅語50年記念切手の買取と取引金額について

上述した通り、記念切手 教育勅語50年記念切手はプレミア価値のある記念切手ではありません。

2銭…約150円

4銭…約150円

1枚バラ切手の金額になると上記の様な金額になります。

種類が2種完備になるとより高い買取・取引金額となります。

また状態やコンディションによっても買取・取引金額は変わります。

記念切手 教育勅語50年記念切手を高価買取が可能な切手買取業者

記念切手 教育勅語50年記念切手を高価買取できる切手買取業者をご紹介いたします。

切手は種類多数あり、プロの切手買取業者は非常に切手の種類や市場相場などに詳しいです。

この記念切手 教育勅語50年記念切手もキチンとした査定員に見積もり・買取をおこなってもらうことをおすすめします。

>>記念切手 教育勅語50年記念切手を高価買取が可能な切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1