記念切手 関東局始政30年記念切手の買取と価値

記念切手 関東局始政30年記念切手の買取と価値

記念切手 関東局始政30年記念切手

記念切手 関東局始政30年記念切手

関東局の始政から30年を記念して発行がおこなわれた記念切手 関東局始政30年記念切手。

関東局は満州国に設置されていて、発行年は1936年に発行がおこなわれた記念切手です。

全3種の発行で、1.5銭・3銭・10銭の発行がおこなわれています。

記念切手 関東局始政30年記念切手の概要について

満州国に設置されていた、関東局が始政をはじめて、30年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。

全3種発行がおこなわれているのですが、デザイン・図柄全てバラバラに描かれています。

1.5銭…関東州の地図・鳩、3銭…日露戦争戦歿兵士の納骨祠、10銭…関東町の建物が採用されています。

当時は満州国の関東州のみで発行・販売がおこなわれており、日本で購入する際は通信販売を利用して買う以外に方法はありませんでした。

そうした影響もあり、関東局始政30年記念切手は現在ではプレミア価値がつき、非常に高く取引がおこなわれています。

記念切手 関東局始政30年記念切手の買取と取引金額について

満州国のみの発行ということもあり、関東局始政30年記念切手はプレミア切手の価格帯で買取・取引が可能となります。

1.5銭…3500円

3銭…4500円

10銭…40000円

上記の様な金額になります。

この当時に発行された記念切手としては非常に高額な切手となり、プレミア切手の一つとなります。

バラ1枚切手としては非常に高額ですね。

また状態やコンディションによってはこれ以上の金額で買取をおこなってもらえます。

記念切手 関東局始政30年記念切手を高価買取してくれる業者

関東局始政30年記念切手は非常に高価買取が可能なプレミア切手となります。

より高く買取ができる切手買取業者をご紹介します。

>>記念切手 関東局始政30年記念切手を高価買取してくれる業者

状態が良ければ、より高く買取が可能となります。

関東局始政30年記念切手をお持ちの際は是非、見積もりをとってみてください。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1