記念切手 郵便創始50年記念切手の買取と価値

記念切手 郵便創始50年記念切手の買取と価値

記念切手 郵便創始50年記念切手

記念切手 郵便創始50年記念切手

日本国内の郵便事業開始から50周年を記念して、発行された記念切手 郵便創始50年記念切手

種類はこの当時の額面通りで、1.5銭・3銭・4銭・10銭の4種が発行されています。

図柄についても種類によって、デザインの変更がおこなわれています。

3銭・10銭については当時逓信省のデザインが採用されています。

記念切手 郵便創始50年記念切手の概要について

郵便創始50年記念切手は、発行が1920年4月20日に発行された記念切手です。

上記にて3銭・10銭のデザイン・図柄が変更されている旨を記載してますが、逓信省は当時起こった関東大震災にて焼け落ちてしまいました。

また郵便創始50年記念切手は竜門切手として発行されており、非常に貴重な切手として重宝されています。

現在では上記の様な理由から現存している数も少ないことでも有名な記念切手の一つになります。

記念切手 郵便創始50年記念切手の買取・取引金額は?

郵便創始50年記念切手はバラ切手としての価値はいくらぐらいになるのでしょうか?

1.5銭…500円、3銭…700円、4銭…12000円、10銭…60000円の価値で買取・取引がおこなわれる切手となります。

貴重価値が高い切手となりますので、10銭切手の1枚バラでの買取金額は破格の価格となります。

また郵便創始50年記念切手は状態が良く種類も全部コンプリートしているとより高い金額で買取をおこなってもらえる可能性が非常に高いです。

記念切手 郵便創始50年記念切手を高く買取してくれる業者

非常に貴重な記念切手 郵便創始50年記念切手をより高く買取してもらえる業者をご紹介します。

>>記念切手 郵便創始50年記念切手を高価買取してくれる切手買取業者

買取方法サービスも一流の切手買取業者となります。

買取実績も豊富で切手に強い買取査定員が在籍していることでも有名な切手買取業者となります。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1