プレミア切手 市川海老蔵の価値と買取

プレミア切手 市川海老蔵の価値

市川海老蔵

市川海老蔵

別表記で「市川蝦蔵」「市川えび蔵」とも呼ばれているプレミア切手。

「ビードロ吹く娘」と合わせて、非常に人気も高い切手のご紹介です。

市川海老蔵 切手とは??

画像にもある通り、発行年は1956年に発行されました。

当時の切手趣味週間シリーズの一つとして発行。

切手のデザインについては、今だ謎の多い浮世絵師、東洲斎写楽が書いたものです。

東洲斎写楽は活動期間が非常に短いながらも多数の作品を描いてきてました。

その後、行方がわからなくなり、謎の多い浮世絵としても有名です。

そして、この市川海老蔵切手は、知っての通り、江戸中期の当時の歌舞伎役者、「市川海老蔵」をイメージして描かれたデザインです。

歌舞伎の「にらみ」をイメージして描かれたデザインです。

写楽の絵については、絵画のみとんでもない価値があり、海外でも人気な作家です。

それが、切手として発売されたので、非常に人気で、価値も高くなりました。

市川海老蔵 切手の価値は?

市川海老蔵 切手の価値は非常に高く、コレクターからも依頼の多い切手の一種となります。

バラのみの切手で200円前後。

シートでお持ちの場合は、2500円以上の価値で買取をおこなってもらえることが可能となります。

先にも書いた通り、写楽の絵画が海外の方からも人気が多いため、外国人の方がこの切手を欲しがるケースもあります。

ですので、オークションなどでも高値で売買されているのがわかると思います。

市川海老蔵 切手 まとめ

まだまだプレミア価値の高い切手、「市川海老蔵」ですが、今後の価値が少しずつ下がってくると言われています。

この切手は発行部数も多いため、今以上の価値が上がることも難しいと判断されているためです。

「市川海老蔵」切手を現在でもお持ちの方いたら、すぐに切手買取業者に依頼して、買取してもらうことをおすすめします。

>>プレミア切手 市川海老蔵を高価買取してくれる切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1