記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手の買取と価値について

記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手の買取と価値について

記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手

記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手

満州国成立10年(二次)記念切手は満州国成立10年(一次)記念切手で発行がおこなわれた、満州国設立から10年を記念して発行された記念切手となります。

一次の時の種類とは違い、全2種の発行がおこなわれましたが、5銭と20銭の発行となります。

満州国は満州事変後に建国された国で、毎年3月1日が建国記念日とされていました。

記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手の概要について

満州国成立10年(二次)記念切手は日本と満州国で販売がおこなわれました。

この満州国の設立10周年の式典では、東京の日比谷公会堂で調印式が取り行われ、その式典自体が9月15日におこなわれました。

満州国成立10年(二次)記念切手はこの式典の9月15日に発売されました。

図柄・デザインには、5銭には両国の子供が描かれ、20銭には蘭花の紋章が採用されています。

一次の時はデザインも1種のみでしたが、二次は種類毎でデザイン・図柄も変わります。

また図柄・デザインに子供の図柄が採用されたのは、この満州国成立10年(二次)記念切手が初となります。

記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手の買取と取引金額について

満州国成立10年(二次)記念切手の買取と取引金額についてまとめていきます。

2種ある記念切手となりますが、それぞれ金額が変わってきます。

満州国成立10年(二次)記念切手の買取・取引金額は以下の通りになります。

5銭…約100円

20銭…約500円

状態やコンディションによってはより高く買取をおこなってもらえる可能性は高いです。

また満州国成立10年(一次)記念切手と一緒に査定をしてもらうシリーズとして高く買取してもらえます。

記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手を高価買取が可能な切手買取業者

記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手を高価買取できる切手買取業者をご紹介いたします。

切手は種類多数あり、プロの切手買取業者は非常に切手の種類や市場相場などに詳しいです。

この記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手もキチンとした査定員に見積もり・買取をおこなってもらうことをおすすめします。

>>記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手を高価買取が可能な切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1