記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手の買取と価値について

満州国成立10年(二次)記念切手について解説していきます。一次とは違い、2種で図柄・デザインが変わります。また子供の図柄が記念切手に初めて採用された記念切手となります。プレミア価値はついていない記念切手になりますが、一次・二次と合わせて買取査定に依頼すると高価買取ができる可能性が高い切手となります。

記念切手 教育勅語50年記念切手の買取と価値

記念切手 教育勅語50年記念切手の買取・取引についてまとめていきます。教育勅語施行の50年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。発行枚数が多く、プレミア価値は取れない記念切手となります。しかし、シートでお持ちの場合や状態やコンディションによっては非常に高く買取・取引が可能となる記念切手となります。

記念切手 紀元2600年(二次)記念切手の買取と価値

紀元2600年(二次)記念切手についてまとめていきます。紀元2600年(一次)記念切手は神武天皇が即位された記念日に発行がおこなわれた記念切手であり、二次は記念祝典などで発行・販売がおこなわれた記念切手となります。プレミア切手ほどの価値はないですが、一次・二次と持っていて、コンディション・状態が良い場合は高価買取が望める記念切手になります。

記念切手 紀元2600年(一次)記念切手の買取と価値

記念切手 紀元2600年(一次)記念切手は日本の初代天皇、神武天皇の即位から2600年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。一次と二次とで発行がおこなわれており、両方を持っていると査定に出した際に高価買取の対象となるケースが多いです。日本書紀から抜粋されたデザイン・図柄も非常に特徴的な記念切手になります。

記念切手 赤十字条約成立75年記念切手の買取と価値

記念切手 赤十字条約成立75年記念切手の概要についてまとめていきます。赤十字が発足して75年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。図柄・デザインには創設者である、佐野常民が描かれています。世界に股をかける赤十字はその前身として、西南戦争時期に、博愛社という組織を立ち上げた所から始まります。

記念切手 愛国切手記念切手の買取と価値

記念切手 愛国切手記念切手の買取と価値についてまとめていきます。別名「愛国切手」と呼ばれる記念切手となります。当時飛行場が少ないことからも寄付を募る形で発行がおこなわれた記念切手です。しかし戦後GHQの取り締まりで愛国主義が残るものは全て規制が入り、この愛国切手も現在では廃盤切手となりました。

記念切手 帝国議会議事堂完成記念切手の買取と価値

記念切手 帝国議会議事堂完成記念切手についてまとめていきます。国会議事堂の建設完了を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。17年という長い時間をかけて、建設がおこなわれた記念切手となり、建設自体が完成するまでに様々な事件も起こりました。記念切手の発行以外にも記念硬貨・記念紙幣などの発行もおこなわれました。

記念切手 関東局始政30年記念切手の買取と価値

記念切手 関東局始政30年記念切手の買取と価値について解説していきます。この当時発行された記念切手としては非常に高価買取が可能な切手となります。満州国のみで発行がおこなわれた記念切手となり、現在では希少性が非常に高くなり、高価買取・取引が可能な記念切手となります。

スポンサーリンク
広告1
広告1