年賀切手の買取と価値について

年賀切手の買取と価値について

現在の年賀状が発行される前に、日本では年賀切手が発行されていました。

当時の日本は年賀切手を発行をおこない、それをはがきに貼って、年賀状を郵送していた時代があります。

その際に発行された切手を「年賀切手」と呼んでおり、その年の干支から記念になる様な図柄・デザインで発行されたものを指します。

1935年に最初の年賀切手の発行が行われており、そこから年賀状が出るまでの間は毎年発行がおこなわれていました。

もちろん現在では発行はなくなったのですが、過去に発行された年賀切手が現在では、プレミア切手として、高値がついている様なケースがあります。

年賀切手も膨大な量がある切手になりますが、今回は一部を抜粋して、切手の解説と買取額と価値を提供していきます。

年賀切手の種類と買取・取引額

年賀切手-富士山

年賀切手 富士山

年賀切手 富士山

1935年に最初に発行された年賀切手 「富士山」

非常に希少価値が高く、現在では高価買取の対象となっている年賀切手となります。

この年賀切手「富士山」の買取額は1枚で400円~500円の買取額で取引をおこなってもらうことができます。

年賀切手 二見ケ浦の夫婦岩

年賀切手 -二見ケ浦の夫婦岩

年賀切手 -二見ケ浦の夫婦岩

三重県にある夫婦岩が描かれている年賀切手 二見ケ浦の夫婦岩

こちらは年賀切手 富士山が発行された翌年の1936年に発行された年賀切手となります。

年賀切手 二見ケ浦の夫婦岩の買・取引額は1枚で250円前後で買取が可能となります。

年賀切手 しめ飾り

年賀切手 しめ飾り

年賀切手 しめ飾り

年賀の際におこなうしめ飾りのデザインが印象的な年賀切手 しめ飾り

戦前に発行された年賀切手となります。

約3億枚の発行枚数があり、戦前切手の中でも少ない数の発行枚数を誇っています。

年賀切手 しめ飾りの買取・取引額は1枚あたり400円~500円ほどで買取をおこなうことが可能となります。

年賀切手 羽根つき

年賀切手 羽根つき

年賀切手 羽根つき

戦後初の年賀切手となります。戦時中は年賀切手の発行などもストップしていました。

戦後初の年賀切手で、振袖を着た子供が羽根つきをしているのが印象的な年賀切手 羽根つきです。

こちらの年賀切手 羽根つきで買取・取引額が1枚で、100円~150円ほどで買取が可能となります。

年賀切手 円山応挙

年賀切手 円山応挙

年賀切手 円山応挙

当時の干支が寅だったこともあり、寅のデザインが採用され、発行された年賀切手 円山応挙

お年玉切手の応挙の虎にも似ているデザインとなります。

こちらの年賀切手 円山応挙はバラ1枚で200円~250円ほどで買取・取引が可能となります。

年賀切手 少女とウサギ

年賀切手 少女とウサギ

年賀切手 少女とウサギ

着物を着た少女がウサギを抱くデザインが印象的な年賀切手 少女とウサギ

ちょうど1951年の元日に発行された年賀切手の一つとなります。

こちらの年賀切手 少女とウサギは1枚バラ切手で100円~150円ほどの買取・取引が可能となります。

年賀切手 翁の面

年賀切手 翁の面

年賀切手 翁の面

こちらは年賀切手 翁の面という年賀切手。

この頃の年賀切手は、元日以降に発行される様なケースが多くなってきました。

新切手の発行も並行しておこなっていた影響もあり、この年の前後の年賀切手の発行は、元日以降の発行が目立つ様になっていったみたいです。

こちらの年賀切手 翁の面はバラ1枚で、300円~400円の買取・取引の価値があります。

年賀切手 三番鼠人形

年賀切手 三番鼠人形

年賀切手 三番鼠人形

江戸人形の一つである、三番鼠人形をデザインとして採用した年賀切手 三番鼠人形

1953年に発行された年賀切手となります。

発行枚数が少し少なく発行された年賀切手となります。

こちらの年賀切手 三番鼠人形はバラ1枚で、200円~250円の買取・取引の価値となります。

年賀切手 三春駒

年賀切手 三春駒

年賀切手 三春駒

福島県発の玩具が図柄・デザインとなった年賀切手 三春駒

高柴木馬とも呼ばれていた玩具です。

こちらの年賀切手 三春駒の買取価格は1枚で100円~150円ほどの価値で買取をしてもらうことが可能となります。

年賀切手 加賀起き上がり

年賀切手 加賀起き上がり

年賀切手 加賀起き上がり

加賀100万石でも知られる、石川県の玩具がデザインのモチーフとなっている、年賀切手 加賀起き上がり

このころから地方の伝統玩具のデザインが採用されるケースが多くなってきます。

こちらの年賀切手 加賀起き上がりは1枚バラ切手で、80円~100円ほどの買取できる価値になります。

年賀切手 こけし

年賀切手 こけし

年賀切手 こけし

東北の伝統玩具である、こけしをモチーフにしたデザインの年賀切手 こけし

先ほどの切手もそうなのですが、この年の前後から切手の印刷技術が飛躍的に向上し、カラーのデザインが多く発行される様になりました。

この年賀切手 こけしの買取・取引額の価値は、1枚で30円~50円の買取の価値になります。

年賀切手 だんじり

年賀切手 だんじり

年賀切手 だんじり

だんじり祭りは各地方でおこなわれていますが、この年賀切手 だんじりで採用された切手のデザイン案は長崎のだんじりになります。

こちらは昭和32年用で発行された年賀切手となります。

年賀切手 だんじりの買取・取引の価値は1枚のバラ切手で、30円~50円の価値になります。

年賀切手 まとめ

年賀切手にもたくさんの種類がありました。

また切手の印刷技術の向上などで、その年の年賀切手にも特徴がたくさんあったと感じられます。

とくに年賀切手はたくさんの枚数をもっている方が、より高く買取をおこなってもらえることが多い様です。

また質の問題でも美品であればあるほど、上記の価格帯以上で買取をしてもらえることもあります。

お持ちの年賀切手がございましたら、是非切手査定に出してみましょう。

>>おすすめ年賀切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1