切手趣味週間 見返り美人の価値と買取

切手趣味週間 見返り美人について

切手趣味週間 見返り美人

切手趣味週間 見返り美人

日本国内のプレミア切手の代表格。

「見返り美人」についてご説明いたします。

プレミア切手 代表格!見返り美人とは!?

1948年(昭和23年)発行の見返り美人。

切手価格にして、切手趣味週間シリーズなので5円の切手として発行されました。

昔、切手収集ブームが来た際には、かなりの金額で取引されていた切手にもなります。

見返り美人が高額取引されている理由は、何も発行部数が少ないからという理由ではございません。

切手趣味週間シリーズで、発行部数が極端に少ないというケースは非常に珍しい状態です。

しかし、飛ぶさまに価値があがった理由はどこからなのでしょう?

見返り美人がプレミア化した理由

見返り美人がプレミア化した理由には、当時、日本で最初の浮世絵画家、菱川師宣の描いた見返り美人をデザインとして採用しています。

当時切手収集ブームの際にコレクターの間では、よりきれいな図柄の切手を重宝し、高く買い取ったという流れがありました。

見返り美人はそれに合わせて、コレクター間でプレミア化が徐々にされ、現在に至ってはプレミア切手と言われる様になりました。

そして、発行部数が多いのにも関わらず、買い手が多かったという理由も一つになるでしょう。

まさにブームに乗ったからこそ、プレミア切手としての地位を、見返り美人はとれたということになります。

今後の見返り美人の価値は??

今後の流れとしては、見返り美人はよりプレミア化するのか?

それとも衰退して金額価値は落ちていくのか?という所ですが、結局は需要と供給のバランスの差になります。

売買がなくなってくると、自ずと、価値は下がってくる傾向になってくるので、プレミア価値は衰退していきます。

しかしまだ売買が盛んに行われていく様になると、プレミア価値は維持しながら、もしくは価値が上がる可能性だって考えられます。

以上の様なことから、「見返り美人」の価値については、まだ今後も注目をしておいた方が良いと考えられます。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1