日本で最初の記念切手!明治天皇銀婚記念切手の価値と買取

日本で最初の記念切手!明治天皇銀婚記念切手

明治天皇銀婚記念切手

明治天皇銀婚記念切手

日本で最初に発行された記念切手をご紹介!

「明治天皇銀婚記念切手」

こちらも切手もプレミア切手の一つに数えられており、現存している切手としては非常に高く買取をおこなわれています。

明治天皇銀婚記念切手とは、どの様な記念切手なのか??

明治天皇銀婚記念切手はその名の通り、明治天皇の銀婚式をお祝いして、発行された記念切手となります。

その発行年は1894年3月9日。

その当時の日本には記念切手の概念がなく、こちらの切手は非常に価値が高く、当時の祝典の日から1か月の日程を切っている状況で発行をおこなった切手といわれています。

額面はもちろん円表記ではなく、2銭、5銭が発行されました。

明治銀婚記念切手 2銭と5銭

明治銀婚記念切手 2銭と5銭

そういった経緯からもこちらも切手の価値が非常に高く、日本発の記念切手としてもプレミア価値がつく様になりました。

明治天皇銀婚記念切手はいくらの価値があるのか?

日本発の記念切手である、明治天皇銀婚記念切手の価値は非常に高いです。

昭和30年より前の切手には基本的にはプレミア価値がつく様な傾向となっているので、こちらの切手もその一つになります。

明治天皇銀婚記念切手 取引価格

2銭 16,000円

5銭 25,000円

上記の様な価格で取引がされています。

これは国内の記念切手の価格としては非常に高価な価格と考えられます。

また現存する枚数も少なく、希少価値が高くなっている傾向もあるので、上記の金額よりも切手収集コレクターによると、より高く買取をしてもらえる様な可能性もあります。

今後の明治天皇銀婚記念切手の価値は?

明治天皇銀婚記念切手の価値は今後も上がると予想できます。

何せ、日本で初の記念切手という部分が肝になってきます。

この切手の希少性と日本発の発行という点を合わせれば、現状相場よりも、今後の価格高騰を予想することができると考えられます。

しかし、それがいつどこで相場が上がるのかは、誰にもわからない部分があるので、是非お手持ちにある際は現状相場だけでも、切手買取業者に問合せをおこなってみてください。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1