<切手趣味週間>一覧とその価値と買取について

<切手趣味週間>一覧とその価値と買取

切手趣味週間シリーズ「えび蔵」

切手趣味週間シリーズ「えび蔵」

プレミア切手を多数輩出してきた「切手趣味週間」シリーズを解説。

ここでは、1947(昭和22)年から始まり、逓信省から発行が始まった切手趣味週間シリーズについて、ご紹介していきます。

数々のプレミア切手もまた切手趣味週間シリーズを中心に排出されてきました。

現在でもその発行は終わっておらず、郵便局から定期的に発行されています。

>>切手趣味週間シリーズの査定見積もりはこちら

切手趣味週間シリーズの発行の理由

切手趣味週間シリーズは先述した通り、1947年に発行が開始されました。

その発行用途としては、切手の持つ芸術的な観点と、切手収集を趣味に持つ方やその普及をおこなうといった定義を置いて、発行が開始されました。

そのおかげか、今日までにたくさんの切手趣味週間シリーズが発行され、後のプレミア切手と言われる切手も多く輩出されました。

過去に描かれた、偉大な絵画などをモチーフにしている切手もあり、その芸術性の高さは一目見れば、すぐに感じ取れると思われます。

一部ではありますが、プレミア切手にも選ばれている切手趣味週間シリーズの切手をご紹介します。

切手趣味週間シリーズ 発行された切手

見返り美人

切手趣味週間 見返り美人

切手趣味週間 見返り美人

有名な切手ですね。切手趣味週間といえば、他にもたくさんある中で、切手を少々知っている方でもこの切手を思い浮かべる方も少なくないと考えられます。

「見返り美人」は現在でもプレミア切手の代表格となっていて、その価格も非常に高く取引されています。

>>見返り美人の詳細情報はこちら

月に雁

切手趣味週間 月に雁

こちらも先ほどの「見返り美人」同様に非常に有名な切手趣味週間のプレミア切手の一つです。

同じくプレミア切手認定されていて、現在でも値が下がることなく、高値で取引がされています。

買取金額や価値は「見返り美人」よりも、こちらの「月に雁」の方が高く取引されています。

>>月に雁の詳細情報はこちら

市川海老蔵

切手趣味週間シリーズ「えび蔵」

切手趣味週間シリーズ「えび蔵」

前回に記事として起こした所になりますが、切手趣味週間シリーズの代表格「市川海老蔵」切手。

こちらの図柄は何となく見たこともあると思います。

非常に有名な絵師が描いたものになり、こちらも切手趣味週間シリーズの中でも抜群の人気を誇るプレミア切手の一つと数えられます。

>>市川海老蔵切手の詳細情報はこちら

ビードロを吹く娘

切手趣味週間 ビードロを吹く娘

切手趣味週間 ビードロを吹く娘

切手趣味週間シリーズの傑作「ビードロを吹く娘」です。

先ほどの「市川海老蔵」切手と対をなす切手としても有名。

こちらも江戸時代の有名な絵師による、作品を切手趣味週間シリーズで復刻しました。

価値も高くつき、現在ではプレミア切手の一種として数えられます。

>>ビードロを吹く娘の詳細情報はこちら

法隆寺観音菩薩像

法隆寺観音菩薩像

法隆寺観音菩薩像

その名の通り、法隆寺の菩薩像を参考に描かれた切手です。

こちらの特徴は収まりが良くなる様にサイズを調整して発行をされています。

この切手の買取額で、2万円前後の買取額で買取をしてくれるでしょう。

>>法隆寺観音菩薩像の詳細

山下白雨

山下雨竜

山下雨竜

こちらは切手趣味週間シリーズの最初に発行された切手です。

有名絵師、葛飾北斎が描いた富嶽三十六景「山下白雨」が描かれています。

初回の切手趣味週間シリーズとして、こちらももちろん、プレミア切手の仲間入りしています。

買取価格で、1枚で、500円程の価値になります。

シートでの買取になるとより高値で買取をおこなうことが可能となります。

>>山下白雨の詳細

まりつき

切手趣味週間 まりつき

切手趣味週間 まりつき

「まりつき」切手と呼ばれている、切手趣味週間シリーズの切手の一種なります。

鈴木春信という絵師が描いた絵画を図柄で表現しています。

こちらの切手は、プレミア切手とは言い難く、買取価格も1枚で数十円程度のものになります。

>>まりつき詳細

切手趣味週間シリーズのまとめ

切手趣味週間は現在までにたくさんの種類が発行されています。

プレミア切手になっているものも多いので、ここでは記載できていないものもプレミアとして高価買取の対象となる様になっています。

ご自宅に調べてみて切手趣味週間の切手がある場合は、是非査定に出してみてください。

>>切手趣味週間シリーズを高価買取してくれる業者はこちら

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1