外国切手の買取について

外国切手の買取について

前回の記事で国内の高価記念切手について解説させていただきました。

しかし記念切手は海外でも発行されていて、また同じとんでもない金額で取引されていることはご存知でしょうか??

他にも記念切手として発行している国は多数あります。

その中でも今回は高価記念切手~海外Ver~として、ご紹介していきます。

海外の切手の種類について

記念切手の発行については海外の方が早くに発行されています。

一番最初の記念切手の発行はイギリスで発行されたペニー・ブラックが最初と言われています。

ペニー・ブラック

ペニー・ブラック

こちらも基本的には記念切手の部類に分類されます。

ちなみにこの切手は1840年にイギリスで発行された切手となります。

郵便制度が確立されると共に、発行された世界で最初の切手と言って良いでしょう。

ちなみにの切手の買取額もやはり高価です。

こちらの切手、たったの1枚で10万円以上の価値があると言われてるプレミア切手です。

この様に海外の切手でも記念切手が存在し、そして記念切手を高価買取してもらえます。

海外 外国切手の種類について

今回も一部ではありますが、海外の記念切手の一部をご紹介します。

特に高価買取ができる切手をご紹介。

ご自宅に眠っている場合はすぐに売却に出した方が良い切手ばかりです。

レッド・ペニー(イギリス)

レッド・ペニー

レッド・ペニー

こちらは先ほどのペニー・ブラックに続いて、世界で3番目に発行をされた切手となります。

レッド・ペニーです。

ペニー・ブラックと違い、色が赤に変わり、発行されています。

こちらの切手も非常に貴重な切手となっており、バラ切手1枚で10,000円の値段がついています。

ペンス・ブルー(イギリス)

ペンス・ブルー

ペンス・ブルー

こちらも先ほどのペニー・ブラックに続き、世界で2番目に発行がされた切手です。

ペニー・ブラックとは違い、ブルーの色味がかかった切手ですね。

この切手も非常に価値高く、1枚バラの切手で10万円以上の価値がある切手となります。

現在では存在も少なくなってきている切手になりますが、コレクターの間では涎ものの切手となっており、今後も値段の高騰が期待できると考えられます。

ブルー・モーリシャス

ブルー・モーリシャス

ブルー・モーリシャス

世界で一番高い切手として現在は誇っています。

この切手はほとんど現存しない切手となっております。

そのプレミアもあるせいか、もし発見された際の切手との価値としては1億円以上の価値で取引が可能な切手となります。

幻の切手としてコレクターの間でも噂されています。

発見されると博物館に展示されるレベルの貴重な切手となります。

>>ブルーモーリシャスの詳細はこちら

外国切手まとめ

今回はイギリスを中心とした外国切手をまとめました。

外国切手にはまだまだ種類も豊富で、プレミア化が進んでいってます。

また随時更新していきます。

他にも中国切手なんかも高価買取ができ、プレミアになっている切手ですね。

海外の切手については日本にあるケースも非常に多いというのも、噂では聞きます。

是非ご自宅にこの様な切手が眠っている場合は、切手買取業者にすぐに査定を出して、レプリカではないのか?など、真贋をキチンと見聞きしてもらう様にしましょう!

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1