記念切手 大正婚儀記念切手の買取と価値

記念切手 大正婚儀記念切手の買取と価値

記念切手 大正婚儀記念切手

記念切手 大正婚儀記念切手

呼んで字の如く、後の大正天皇となる方が、結婚をし、婚儀をおこなったことを記念して発行された、記念切手「大正婚儀記念切手」

発行年は1900年となっております。

デザインとして採用されているのは、大正天皇が婚儀の際に渡された、引き出物を中心に描かれています。

記念切手 大正婚儀記念切手の概要について

記念切手 大正婚儀記念切手は、当時は大日本帝国時代の切手となり、戦時中の中で発行された切手となります。

ですので、切手のデザインの中に、当時占領していた領土も一緒に描かれているのが特徴の一つとなります。(朝鮮や支那など)

ですので、中国の領土の中にもこの切手は発行がされており、1922年末の発行廃止までは、記念切手として中国領土でも発行がおこなわれていました。

日本以外で発行された切手発行を「在外国局切手」と呼んでおり、この大正婚儀記念切手はその一つとして数えられています。

種類としては、3銭切手が1種類だけの発行になっている記念切手です。

記念切手 大正婚儀記念切手の買取・取引金額は?

記念切手 大正婚儀記念切手の買取・取引額は、非常に高く、1枚のバラ切手で、5000円ほどの価値がついています。

こちらも古い切手の一つになりますので、保存状態などで、買取価格などは上下してしまうケースがあります。

またシートで持っている場合などは、切り離さずにそのままの状態で買取査定などに出した方が、より高く記念切手を買取してもらえます。

記念切手 大正婚儀記念切手を高く買取してくれる業者

記念切手の一つ、大正婚儀記念切手をより高く買取してくれる業者は、やはりこの時代の切手のことを知り、希少価値のわかる切手買取業者に販売することをおすすめします。

切手買取業者によっては顧客の要望なども聞いているので、マッチングが図れれば、より高く買取をしてくれる傾向もあります。

ここでおすすめの切手買取業者をご紹介いたします。

記念切手 大正婚儀記念切手を高く買取してくれる切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1