記念切手 日清戦争勝利記念切手の買取と価値

記念切手 日清戦争勝利記念切手の買取と価値

記念切手 日清戦争勝利記念切手

記念切手 日清戦争勝利記念切手

記念切手として国内で2番目に発行がおこなわれた、「日清戦争勝利記念切手」

第1弾で発行がおこなわれた「明治天皇銀婚記念切手」の次に発行された記念切手となります。

発行年は非常に古く、1896年に発行がおこなわれています。

当時の日清戦争に勝利したことを記念して発行された記念切手となります。

記念切手 日清戦争勝利記念切手の概要について

先にも記載しましたが、この日清戦争勝利記念切手は当時、日清戦争に勝利したことから記念して発行された切手となります。

日本で初めての肖像画がデザインとして採用された始めての切手にもなります。

描かれている人物は、有栖川宮熾仁親王・北白川宮能久親王の皇族の方の肖像がメインに描かれています。

なぜ?二人の肖像が採用されているかと申しますと、この記念切手には二人の肖像を描いた、2パターンが存在しているからです。

発行期間も非常に長く、当時としては、約8か月以上をかけて発行がおこなわれた記念切手となります。

当時は戦時中ということもあり、戦争に勝利したことを記念し、またその際に活躍した、有栖川宮熾仁親王を称える様、形に残したのが、この切手の特徴になります。

現在では、非常に希少性が高い切手となっており、主にプレミア切手の一つに数えられます。

非常に古い切手ではありますので、保管状況などによっては、かなりの高額がつくと言われています。

記念切手 日清戦争勝利記念切手の買取・取引金額は?

では、記念切手 日清戦争勝利記念切手の買取・取引額はどの様になるのでしょうか?

保存状態の良し悪しもあるのですが、1枚バラ切手で、2銭切手は6500円、5銭切手であれば、16000円の金額で買取・取引が可能となります。

希少性の高さと現存では数が少なくなっていることもあり、この様な高額な取引が可能な記念切手となっています。

古い切手ですので、現在はあまり見られることも少なくなった切手になりますが、もしご自宅で見かけたことがある場合などは、早めに売却することをおすすめします。

記念切手 日清戦争勝利記念切手を高く買取してくれる業者

記念切手 「日清戦争勝利記念切手」がご自宅から出てきた場合、どうすれば良いでしょうか?

この様な古い切手は、レプリカが出回っているケースも多々あります。

まずは真贋をきっちりと見極めることが重要なことが大事です。

そして、本物であった場合の売却額を把握しておくことが重要になります。

ここで「日清戦争勝利記念切手」を高く買取してくれる、切手買取業者をご紹介いたしますので、是非ご利用してみてください。

記念切手 「日清戦争勝利記念切手」を高価買取してくれる切手買取業者

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1