記念切手は高く買取してもらえます。

記念切手は高く買取してもらえます。

記念切手は現在では高価買取の対象になります。

高く買取をおこなうことができる今だからこそ、売却することをおすすめします。

記念切手とは?

まずここで記念切手の定義について解説いたします。

記念切手は、その名の通り、イベントや行事があった際に発行になった切手のことを言います。

イベント・行事の記念に発行された切手ということで、「記念切手」と呼ばれています。

歴史は古く、一番最初の国内の記念切手としては、明治天皇銀婚記念(2銭・5銭)が始まりとなります。

ちなみにこちらの切手で買取額がバラで売却しても、1万円弱の金額で現在買取されています。

こちらの切手は発行枚数も少なく、現存していることも少ないことからもプレミア化が進み、高く値段を買取してもらえます。

明治天皇銀婚記念切手

明治天皇銀婚記念切手

日本国内の記念切手

ここで一部ではありますが、日本国内で高価買取ができる記念切手の種類をご紹介させていただきます。

切手趣味週間 見返り美人

切手趣味週間 見返り美人

切手趣味週間 見返り美人

切手趣味週間シリーズの「見返り美人」

こちらは高価買取できる有名な記念切手です。

たった1枚で3000円ほどの価値がつく切手となります。

菱川師宣が、デザインを描きました。

切手収集が国内でブームとなった際は非常にプレミアとなり、当時から高値で取引がされていたほどの記念切手になります。

>>見返り美人の詳細はこちら

切手趣味週間 月に雁

月に雁

月に雁

こちらも見返り美人と同じく、切手趣味週間シリーズの「月に雁」という記念切手です。

見返り美人と一緒に有名な記念切手の一種となります。

買取額は美品で状態が良い状態で、1枚5000円ほどで買取をしてくれる記念切手となります。

切手コレクターからは涎ものの切手となります。

>>月に雁の詳細はこちら

日本発行で最も高い記念切手

ここで日本国内発行の非常にプレミアで高価な切手をご紹介します。

「〇〇〇〇鑑定団」に出しても恥ずかしくないぐらいのプレミア切手です。

飛行郵便試験記念切手

飛行郵便試験記念切手

飛行郵便試験記念切手

日本で初めて、飛行便を利用した郵便を記念して発行された切手です。

いわゆる航空切手の部類に入るのですが、記念ということで、記念切手の部類にいれてます。

こちらの切手は非常に発行枚数が少なく、超プレミア化しています。

バラ1枚で、70,000円~80,000円で買取がおこなわれている切手となります。

但し、レプリカも多分に発行されているので、贋作にはご注意下さい。

逓信記念日制定記念切手

逓信記念日制定記念切手

逓信記念日制定記念切手

こちらは逓信記念日制定記念切手(ゆうせいきねんびせいていきねんきって)と読みます。

この切手はシートの切手になっていて、日本初の小型シートの切手となっております。

国内の切手では非常に高値で売買されていて、状態の良い逓信記念日制定記念切手のシートになりますと、買取額が、なんと!200,000円弱の金額で買取をしてもらえる可能性が高いです。

但し、こちらも先ほど同様にレプリカ切手が多数発行されていますので、贋作には注意が必要となります。

郵便創始50年記念切手

郵便創始50年記念切手

郵便創始50年記念切手

郵便制度が導入されて50周年を記念して発行された記念切手。

郵便創始50年記念切手

こちも非常にレアな記念切手となります。

額面で買取金額自体が変化するのですが、金額は以下の通りになります。

1.5銭 500円
3銭 700円
4銭 12,000円
10銭 60,000円

こちらも非常にレアで貴重な切手と言えるでしょう。

関東局始政30年記念切手

関東局始政30年記念切手

関東局始政30年記念切手

関東局が政治をはじめて30周年の際に関東局管内で限定発売されて切手となります。

発行枚数が少ないこともあり、プレミア化が進んでいます。

こちらも額面により金額が大きく違ってきますので、以下をご参照下さい。

1.5銭 3,500円
3銭 4,500円
10銭 37,000円

当時は〇〇銭と円でもない価格帯が現在ではこの金額まで上がっています。

裕仁立太子記念切手

裕仁立太子記念切手

裕仁立太子記念切手

のちの昭和天皇になる裕仁様が立太子の儀を受けた際に発行された記念切手となります。

こちらも非常にレアで高価買取が期待できる記念切手となります。

また発行した切手の額面によって、金額の上下があります。

1.5銭 600円
3銭 1,500円
10銭 70,000円

10銭切手だと一気に値段が跳ね上がりますね。

高価記念切手のまとめ

今回は高価記念切手を数種類まとめました。

買取額高い記念切手は非常に注意が必要です。

本物にそっくりなレプリカが数多く出回っているケースが非常に多いので、もし、お持ちの切手にプレミアの記念切手がある場合は査定・鑑定をしてもらうことを強くおすすめします。

結果的にレプリカだった場合、通常の切手と金額がほぼ変わらないことにもなります。

おすすめの買取業者さんに無料で査定してもらって、買取額や、また本物か偽物なのか?の判断を仰いでみてください。

おすすめ切手買取業者はこちら

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1