中国切手 赤猿(子ザル)の価値と買取

中国切手 赤猿について

赤猿

赤猿

中国切手で最も有名な切手、「赤猿」について、解説していきます。

この切手はメディアにも多数取り上げられている中国切手で、そのプレミア価値について、大々的に浸透している中国切手です。

中国のプレミア切手 赤猿(T46)とは?

中国切手の赤猿はそんなに古くに発行された切手ではなく、1980年代に発行された切手になります。

中国で初めての年賀切手として発行され、その年の干支が猿ということから、猿の柄の切手となっています。

但し、発行された枚数が非常に少ないのも特徴の一つです。

また正式名称は「子ザル」と呼ばれ、「赤猿」と呼ばれるのは日本独特の呼び方です。

こちらの切手は発行当初、非常に爆発的な人気を誇り、発行してすぐに完売してしまいました。

プレミア価値が高くなっている理由としてはこの様な原因もあるのかもしれません。

赤猿 切手のプレミア価値の理由は?

赤猿は、一時は美品でシートの場合だと1億円の価値がついたこともある、プレミア切手です。

この切手がこの様にとてつもなくプレミア化していった背景には当時の中国が非常に大きく絡んでいます。

発行年の中国は当時、国民の切手の収集が禁止されていました。

毛沢東が実施した文化大革命の影響がまだ続いて様です。

また輸出についても禁止されており、中国へ旅行に行った方が買って持ち出す他ありませんでした。

先ほども記載した通り、この切手は発行枚数自体も非常に少なく、そして、初めての「年賀切手」ということもあり、大変な人気もあったことから、現在では高額な取引をしても買いたいというコレクターがいるので、赤猿の価値が高騰していったと考えられます。

80枚のシートの赤猿になると、金額にして800万円~状態によっては1000万円を優に超える中国プレミア切手となります。

今後の赤猿切手の価値は?

今でも価格が下がる様なことはなく、バラ1枚で14万円~15万円前後で取引されている、赤猿切手です。

この様に今なお高い取引をされていることから、今後もまだまだ値段は上がっていくのでは?と考えています。

しかし、発行枚数が少ないこともあり、現存する赤猿切手がどのくらい発行されたのかは、まだ謎です。

なので、お手持ちにもし、中国切手をお持ちでその中に赤猿切手がある場合は、査定に出して、現在の相場をしっかりと確認し、売却をするか考えてみるのも一つの手と思います。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1