中国切手の種類・プレミア中国切手について

中国切手の種類について

海外切手シリーズの中で、切っても切れないのが、この中国切手シリーズです。

中国切手シリーズは、現在では非常に高価買取が可能な切手の対象となります。

そして、数多くのプレミア切手が生まれていますので、ご紹介しましょう。

中国切手高価買取できる理由

中国切手は先ほども申し上げた通り、非常にプレミア価値が上がってきているのが高価買取の対象の一つとなります。

その理由としては、中国では1966年~1976年の10年間のあいだ、「文化大革命」の時代があり、この時代の争乱により、中国国内では切手収集が禁止されるという事態になっていました。

これは、中国国内の変化として、国内のことを愛する愛国心が強い上、異国の文化である、切手はこの愛国心を妨げる一つでありました。

ですので、当時は中国へ旅行をした観光客向けへの販売のみで切手が発行されていたので、当時の切手は中国人の間ではもってなかったわけですね。

ほとんどの切手が外国へ出ていき、その後、革命も終結を迎えた現在では、中国人が自国の切手を買い戻すという動きが活発になり、切手以外にも中国骨頭なども含めて、中国富裕層が買い漁る様になり、価値が上がっていっていると言われています。

こういった背景もあり、中国切手はそのプレミア価値が上がり続けているという訳です。

プレミア中国切手一覧

では、どの様な中国切手が高価買取の対象なのか?

ご紹介していきましょう。

赤猿(子猿)

赤猿

赤猿

非常に有名な中国切手「赤猿」ですね。メディアにも多数取り上げられています。

こちらは中国プレミア切手の代表格の一つになります。

現在でも高いプレミア価値で、バラ1枚で、20万円弱の金額がつきます。

日本国内で一番多くの赤猿切手が見つかっている噂もありますので、ご自宅で是非一度探してみてください。

>>中国切手 赤猿の詳細はこちら

毛主席の最新指示

毛主席の最新指示

毛主席の最新指示

文化大革命を起こした、毛沢東。

中国切手のプレミア切手には毛沢東主席が描かれている中国切手が非常に多く存在しています。

その中でもこの「毛主席の最新指示」は非常に高値で取引されています。

5種類全部あれば、50万円弱の金額で取引されている中国切手です。

大パンダ

大パンダ

大パンダ

中国のパンダ切手も有名な中国切手ですね。

正式名称としては「大パンダ」と言います。

一次と二次に分かれていて、こちらの大パンダも全部で6種類存在しているのですが、6種全て揃っている状態で、1万5千円~1万7千円前後で取引が可能な中国切手となります。

中国軍人切手

軍人切手

軍人切手

中国にも軍人切手が存在していました。

日本のものと似ていて、陸軍・海軍・空軍と分かれて存在しています。

陸軍の軍人切手で1万円前後の価値

空軍の軍人切手で15万円前後の価値で取引がされています。

また海軍の軍人切手が金額おいては相場感がまだなく、その切手買取業者や切手買取店舗によって、買取額がまちまちな様です。

梅蘭芳舞台芸術

梅蘭芳舞台芸術

梅蘭芳舞台芸術

非常に高価な中国切手「梅蘭芳舞台芸術」の切手。

こちらの切手はシートが2種類存在していて、バラ切手で8種類・小型シートと存在しています。

バラ切手で8種類存在している状態で、おおよそ10万円弱の金額での取引。

また小型シートの美品になると、金額が一気に跳ね上がり、150万円の金額に跳ね上がります。

但し、こちらの切手はレプリカ切手が非常に多く出回っている為、真贋をしっかりと鑑定することをおすすめします。

徐悲鴻莽馬シリーズ

徐悲鴻莽馬シリーズ

徐悲鴻莽馬シリーズ

こちらの切手も比較的に有名な中国切手となります。

「徐悲鴻莽馬シリーズ」この切手は中国の洋画家、徐悲鴻が描いた切手としては有名な中国切手です。

こちらは種類も豊富で、10種存在する切手と小型シートが存在します。

10種類のバラ切手となりますと、取引額は4000円程度なのですが、小型シートの切手になると、4万円以上の価値で取引が可能な中国切手になります。

中国切手 まとめ

中国切手は中国の歴史と共にあります。その時の時代背景で絵柄になる切手のデザインなどに踏襲されていますね。

世界の切手デザインは全てこの様にその時代、その時代に合わせて発行されていることがわかると思います。

また、切手収集をおこなうのが禁止になるほど、ストイックに革命を起こした中国の時代というのもまた一つ、感じれるかもしれません。

今後も中国切手はまだまだ、プレミア価値が上がると言われています。

日本は特に、中国切手がたくさんある国だと認識もされていますので、ご自宅などに眠っている切手があれば、一度調べてみてください。

ご紹介した以外にも高価買取ができる中国切手はたくさん存在しています。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1