「 記念切手 」一覧

記念切手 赤十字条約成立75年記念切手の買取と価値

記念切手 赤十字条約成立75年記念切手の概要についてまとめていきます。赤十字が発足して75年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。図柄・デザインには創設者である、佐野常民が描かれています。世界に股をかける赤十字はその前身として、西南戦争時期に、博愛社という組織を立ち上げた所から始まります。

記念切手 愛国切手記念切手の買取と価値

記念切手 愛国切手記念切手の買取と価値についてまとめていきます。別名「愛国切手」と呼ばれる記念切手となります。当時飛行場が少ないことからも寄付を募る形で発行がおこなわれた記念切手です。しかし戦後GHQの取り締まりで愛国主義が残るものは全て規制が入り、この愛国切手も現在では廃盤切手となりました。

記念切手 帝国議会議事堂完成記念切手の買取と価値

記念切手 帝国議会議事堂完成記念切手についてまとめていきます。国会議事堂の建設完了を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。17年という長い時間をかけて、建設がおこなわれた記念切手となり、建設自体が完成するまでに様々な事件も起こりました。記念切手の発行以外にも記念硬貨・記念紙幣などの発行もおこなわれました。

記念切手 関東局始政30年記念切手の買取と価値

記念切手 関東局始政30年記念切手の買取と価値について解説していきます。この当時発行された記念切手としては非常に高価買取が可能な切手となります。満州国のみで発行がおこなわれた記念切手となり、現在では希少性が非常に高くなり、高価買取・取引が可能な記念切手となります。

記念切手 満州国皇帝訪日記念切手の買取と価値

記念切手 満州国皇帝訪日記念切手について解説していきます。中国の皇帝「溥儀」の訪日を記念して発行された記念切手となります。このころの記念切手は切手販売価格が高額になってきたこともあり、発行枚数も少なくなってきています。種類によってはプレミア切手なみの価値となります。

記念切手 第15回赤十字国際会議記念切手の買取と価値

記念切手 第15回赤十字国際会議記念切手について説明していきます。日本で初めて開催された赤十字国際会議を記念して発行された切手となります。この頃から記念切手発行のイベントも変わり、この様な平和的な内容の記念切手も多く発行が始まります。今回はその様なパターンの記念切手の第1号と言えます。

記念切手 逓信記念日制定記念切手の買取と価値

記念切手 逓信記念日制定記念切手は飛脚制度の廃止を記念して、新逓信記念日制定のイベントにて発行・販売がされた、極めて珍しい記念切手となります。希少性も高く、国内の記念切手としては1、2を争う、高値で取引が可能な記念切手です。またレプリカも多く、真贋鑑定が難しい記念切手でもあります。

記念切手 明治神宮鎮座10年記念切手の買取と価値

記念切手 明治神宮鎮座10年記念切手は明治神宮鎮座記念切手をおこなって10周年を記念して発行された記念切手になります。このころあたりから〇〇周年といった形での記念切手の発行が非常に多くなってきます。プレミア価値はそれほど高くはないですが、切手シートでの売却などをおこなうことによって価値が変わってきます。

記念切手 伊勢神宮式年遷宮記念切手の買取と価値

記念切手 伊勢神宮式年遷宮記念切手は伊勢神宮の遷宮を58回目を記念して発行された記念切手になります。非常に由緒正しき記念切手となります。この切手自体の価値がそれほど高くはないのですが、「初日カバー」を利用したりすることで切手の価値が少しでも上がる可能性があります。

スポンサーリンク
広告1
広告1