「 記念切手 」一覧

記念切手 関東神宮鎮座記念切手の買取と価値について

関東神宮鎮座記念切手についてまとめていきます。当時は戦時中の真っただ中ということもあり、切手の品質も著しく落ちました。また発行枚数が多く発行されるのですが、国民も切手を買う余裕はなく、販売数自体も少ない記念切手となります。関東神宮鎮座記念切手は特殊なケースで消印付きの使用済みの場合の方が高価買取・取引が可能な記念切手の1つとなります。

記念切手 靖国神社75年記念切手の買取と価値について

靖国神社が描かれた記念切手、靖国神社75年記念切手の買取・取引についてまとめていきます。プレミア切手の一種ではありませんが、当時の記念切手としては珍しいグラビア印刷が採用された記念切手となります。太平洋戦争真っただ中に発行がおこなわれた記念切手となるので、サイズも普通切手と同じサイズが特徴的な記念切手です。

記念切手 鉄道70年記念切手の買取と価値について

日本国内発の鉄道切手、鉄道70年記念切手についてまとめていきます。当時の蒸気機関車が図柄・デザインに採用がおこなわれており、鉄道開通から70年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。国内での鉄道の利用は現在の様に移動手段としての利用はなく、石炭などの物資の運搬をメインとして利用がおこなわれていました。

記念切手 満州国成立10年(二次)記念切手の買取と価値について

満州国成立10年(二次)記念切手について解説していきます。一次とは違い、2種で図柄・デザインが変わります。また子供の図柄が記念切手に初めて採用された記念切手となります。プレミア価値はついていない記念切手になりますが、一次・二次と合わせて買取査定に依頼すると高価買取ができる可能性が高い切手となります。

記念切手 教育勅語50年記念切手の買取と価値

記念切手 教育勅語50年記念切手の買取・取引についてまとめていきます。教育勅語施行の50年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。発行枚数が多く、プレミア価値は取れない記念切手となります。しかし、シートでお持ちの場合や状態やコンディションによっては非常に高く買取・取引が可能となる記念切手となります。

記念切手 紀元2600年(二次)記念切手の買取と価値

紀元2600年(二次)記念切手についてまとめていきます。紀元2600年(一次)記念切手は神武天皇が即位された記念日に発行がおこなわれた記念切手であり、二次は記念祝典などで発行・販売がおこなわれた記念切手となります。プレミア切手ほどの価値はないですが、一次・二次と持っていて、コンディション・状態が良い場合は高価買取が望める記念切手になります。

記念切手 紀元2600年(一次)記念切手の買取と価値

記念切手 紀元2600年(一次)記念切手は日本の初代天皇、神武天皇の即位から2600年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。一次と二次とで発行がおこなわれており、両方を持っていると査定に出した際に高価買取の対象となるケースが多いです。日本書紀から抜粋されたデザイン・図柄も非常に特徴的な記念切手になります。

スポンサーリンク
広告1
広告1