「 記念切手 」一覧

記念切手 第5回国民体育大会記念切手の買取と価値について

第5回国民体育大会記念切手について解説していきます。国民体育大会記念切手自体は多くの記念切手が発行されていますが、この第5回国民体育大会記念切手については非常に高価買取が可能な記念切手の一つとなります。従来の1シート80枚切手から1シート20枚切手となり、多くの数が販売された為、プレミア価値としての評価があがりました。

記念切手 郵政記念日制定記念切手の買取と価値について

記念切手 郵政記念日制定記念切手についてまとめていきます。過去には郵政記念日という名称ではなく、逓信記念日という名称で呼ばれていました。4月20日がちょうど郵便制度を開始した日になりますので、この日を記念して郵便記念日と呼ばれる様になりました。この郵政記念日制定記念切手は残念ながらプレミアとしての価値が少なく、まとめて売却することをおすすめします。

記念切手 郵便創業80年記念切手の買取と価値について

郵便制度設立から80周年を迎えたことで発行がおこなわれた記念切手、郵便創業80年記念切手について解説していきます。近代郵便の父である、前島密の肖像が採用されています。プレミア価値としては低く、切手自体のみで高価買取とはいきませんが、状態・コンディションの良し悪しや初日カバーの消印付きになると高く買取が可能な切手買取業者も存在します。

記念切手 放送25年周年記念切手の買取と価値について

ラジオ放送開始から25周年を迎えたことで発行がおこなわれた記念切手、放送25年周年記念切手。残念ながらプレミア価値としての記念切手ではないですが、シート・完品・美品などの状態やコンディションによっては高価買取が期待できる記念切手の一つとなります。この時代に発行がおこなわれた記念切手は全体的に保存状態の良し悪しで買取・取引金額が変わるケースが多いです。

記念切手 司法保護記念日記念切手の買取と価値について

司法保護運動を開催したことを記念して発行がおこなわれた記念切手となります。司法保護とは元受刑者の社会復帰などに援助をおこなうことを目的とした社会運動のことを指します。別名は「お化け小指」と言われ、切手のデザインに採用されているスズランと手の小指部分が非常に長いことでこの様な名称で呼ばれています。

記念切手 京都切手展記念切手の買取と価値について

記念切手 京都切手展記念切手の買取と価値についてまとめていきます。東京切手展の反響を受けて、京都でも切手展の開催がおこなわれました。その時を記念して発行された記念切手となります。切手展自体は大盛況で幕を閉じました。デザイン・図柄には京都を代表する建造物として清水寺のデザインが描かれています。

記念切手 日本国憲法施行記念切手の買取と価値について

日本国憲法施行記念切手についてまとめていきます。終戦後、日本国憲法の公布がおこなわれた年に発行がおこなわれました。記念切手のデザインには深い意味が込められており、母子と国会議事堂が描かれていますが、これは今後の女性が社会進出をおこなうことを象徴するという意味で、デザインが採用される形となりました。

記念切手 郵便創始75年記念切手の買取と価値について

郵便制度が始まって、75周年を記念して発行がおこなわれた記念切手となります。全4種の発行となりますが、価値がバラバラであるという点で非常に稀な記念切手となります。小型シートは初版と2版ということで発行がおこなわれており、特に初版はプレミア切手としての価値が非常に高い記念切手になります。

スポンサーリンク
広告1
広告1