「 プレミア切手 」一覧

年賀切手の買取と価値について

年賀状の発行前に、国内では年賀切手の発行が多数おこなわれてました。戦前より年賀切手を貼って、その年の年賀状の代わりとして、郵送していたそうです。現在では発行がなくなった年賀切手ですが、その価値はうなぎ登りで上がっていってます。年賀切手の種類や価値について解説していきます。

航空切手の価値と買取について

航空切手の歴史や種類、そしてその価値をまとめてみました。国内の航空切手を中心に掲載。航空切手は一時的な発行となっているため、現在では発行がほとんどありません。そのせいか種類も多くはなく、買取や査定金額も高くなっているのが特徴です。お持ちの航空切手がいくらで買取・取引されるのか?チェックしていきましょう。

毛主席の長寿を祝う語録の価値と買取

中国プレミア切手の一つである、毛主席の長寿を祝う語録の価値と買取について解説。レプリカも多く発行されている中国切手になりますが、真贋をしっかりと判断してくれるおすすめの切手買取業者もご紹介。最も高くプレミア価値をおいて、買い取ってくれる切手買取業者も合わせてご紹介します。

中国切手 毛主席シリーズの価値と買取

中国切手の中でプレミア切手として有名な毛沢東主席が描かれている毛沢東シリーズの切手について解説していきます。非常に多くのプレミア切手がある中で、毛沢東主席が描かれている切手はどれもプレミアになっているケースが多いです。その種類と買取価格はどのくらいなのか?

<切手趣味週間>一覧とその価値と買取について

プレミア切手の宝庫の切手趣味週間シリーズを解説。切手趣味週間は現在までにたくさんの発行が行われています。その中でもプレミア切手になりやすい切手となっており、非常に多くの切手がプレミア価値をもっています。お持ちの切手の中に切手趣味週間シリーズがある場合は早速査定に出してみて下さい。

逓信記念日制定記念切手の価値と買取

日本国内始のシート切手「逓信記念日制定記念切手」をご紹介します。あまりの人気でレプリカ切手も横行している超人気切手です。海外でも多く出回っているのですが、日本国内での流通量は非常に少なくなっています。それに伴い、グングンプレミア価値が上がってきている傾向にあります。

プレミア切手 市川海老蔵の価値と買取

写楽が描いた「市川海老蔵」のプレミア切手をご紹介。謎多き、浮世絵作家、東洲斎写楽は海外でも非常に人気の高い作品を残しています。切手趣味週間シリーズで発行された「市川海老蔵」切手はコレクターにも人気で、非常に高く売買されています。

中国切手 大パンダ切手の価値と買取

中国切手の中でも赤猿に続いて、非常にプレミア価値の高い中国切手。大パンダについて説明していきます。非常に人気の高い切手でもあり、日本国内で流通量が多い大パンダ切手の買取額はどのくらいなのか?また、高価買取をしてくれる切手買取業者も一緒にご紹介します。

スポンサーリンク
広告1
広告1