切手趣味週間 ビードロを吹く娘の価値と買取

切手趣味週間 ビードロを吹く娘の価値

切手趣味週間 ビードロを吹く娘

切手趣味週間 ビードロを吹く娘

「ビードロを吹く娘」切手趣味週間から発行されたプレミア切手の一つとなります。

発行年としては1955年に発行。

通称「ビードロ切手」とも言われている記念切手となります。

切手趣味週間 ビードロを吹く娘とは?

この切手は、有名浮世絵師、喜多川歌麿が描いた、浮世絵の図柄がメインとなっています。

ビードロを吹く娘は、別名でポッピンを吹く女とも言われて、切手収集コレクターには人気が高いです。

喜多川歌麿自身の作品では、当時の女性などを描くことを好んだ作家です。

ですので、切手のデザインの中には当時の流行した着物の模様なども描かれており、江戸の女性をギュっと凝縮した様な内容のデザインの内容となっております。

ちなみにビードロとはポッピンと呼ばれていて、舶来品の一種です。

それを吹く娘として、「ビードロを吹く娘」または「ポッピンを吹く女」と呼ばれている経緯があります。

先に執筆した「市川海老蔵」切手と一緒に国内が誇るプレミア切手の代表と言われています。

切手趣味週間 ビードロを吹く娘の価格価値は?

「ビードロを吹く娘」はプレミア切手の一つです。

価格価値も非常に高いです。

バラ切手1枚で、100~150円程度なのですが、シートの切手になると、価値がグンと上がり、1500円程の価値になります。

またこちらの切手も海外の方にも人気の高い切手となっており、オークションなどでは、先の価格以上で取引されているケースが多いです。

発行枚数が多いので、日本国内で販売をおこなうよりも、海外向けで販売をおこなった方が、価値が高く売買される様なことがあります。

切手趣味週間 ビードロを吹く娘 まとめ

「ビードロを吹く娘」の切手は今後、国内では、なかなか価値が上がるのは難しいと言われています。

先にも書いた通り、海外向けに販売する方が賢い選択と言えるでしょう。

但し、個人で海外への販売することは手間などを考えると難しいので、切手買取業者に一度相談をしてみるのも一つの手だと考えられます。

また査定をおこなってもらい、満足のいく価格帯で取引が成立することが可能な場合は

そのまま買取をおこなってもらう様にしてもらうのも良いかもしれません。

>>おすすめ切手買取業者はこちら

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1